【新型アルファード】ターボエンジン、ハイブリッドの燃費、スペック予想【モデルチェンジ】

スポンサーリンク
タケシ
新型アルファードには、ターボエンジンが搭載されるのかな?
N氏
新型アルファードに搭載される可能性のあるエンジンを紹介しよう。

このページでは、新型アルファードに搭載されるエンジンと、その燃費を調査していきます。

新型アルファードの、エンジンは?

N氏
新型アルファードには、ダイナミックフォースエンジンが搭載されるだろう。
タケシ
燃費とパワーが良いやつだね!

新型アルファードには、今のところ、以下の5種類のエンジンのうちの数種類が設定されるといわれています。

・2.5L NAエンジン
・3.5L NAエンジン
・2.0Lターボエンジン
・2.5Lハイブリッド
・3.5Lハイブリッド

このうち、2.5L NAエンジンと、2.5Lハイブリッド、3.5Lハイブリッドには、燃費とパワーが向上したダイナミックフォースエンジンが設定されています。

今のところ、いわれているのは、「2.5Lハイブリッドの設定はほぼ確実」「2.5L NA、あるいは3.5L NAの代わりに2.0Lターボエンジンが設定される」ということです。

3.5Lハイブリッドに関しては、モデルチェンジされるごとに車格感、高級感を高めてきているアルファードのフラッグシップとして投入されるのでは?といわれています。

いまのところ、レクサスLSや新型クラウンなど、FR車にしか採用されていませんし、アルファードのような背の高いミニバンに、あまりにもパワフルなパワートレインを搭載しても危険なような気がする(TNGAプラットフォームによって対応できるかもしれませんが)ので、個人的には搭載の可能性は低いと思っています。

・2.5L NAエンジン
・2.0L ターボ
・2.5L ハイブリッド

この3種類になる可能性が一番高そうです。

新型アルファード、燃費予想

タケシ
燃費は良くなるのかな?
N氏
ダイナミックフォースエンジンのものは、良くなるだろう。

新型アルファードに搭載が予想されているパワートレインの燃費を予想してみます。

ダイナミックフォースエンジンに関するトヨタの発表や、他車の燃費から推測してみましょう。

<2.5L NAエンジン>
2.5L NAエンジンは、ダイナミックフォースエンジンが開発されています。

2.5L NAエンジンは、ダイナミックフォースエンジンによって、燃費が18%向上していると発表されています。

現行の2.5L NAエンジン搭載グレードの燃費は12.8km/Lですから、18%向上すれば、15.1km/L程度になると予想することができます。

もちろん、エンジンだけではなく、トランスミッションやプラットフォームなどによって燃費が変わってくる部分もあるでしょうが、おおよそ15km/L程度になるのかな。と思っておけばよいですね。

<3.5L NAエンジン>
3.5L NAエンジンには、ダイナミックフォースエンジンは今のところありません。

ですから、エンジン自体は大きく変わらず、トランスミッションや、プラットフォームなどの改良によって燃費が変動することになります。

ただし、トヨタのTNGAプラットフォームは、特に軽量化に重点を置いたものではなく、走りや乗り心地を向上させることに主眼が置かれているので、それほど軽くはならないはずです。(プリウスやクラウンなどをみてもそうですね。)

現行アルファードの3.5L NAエンジン搭載モデルの燃費は10.8km/Lです。

新型アルファードでも、11km/Lソコソコくらいかな。と思っておけばよさそうです。

<2.0Lターボエンジン>
2.0Lターボエンジンにも、ダイナミックフォースエンジンは今のところありません。

2.0Lターボエンジンは、ハリアーや、レクサスNX、クラウンなどに搭載されています。

ハリアー、2.0Lターボエンジン搭載モデルの燃費は、13.0km/Lです。

アルファードの燃費は、ハリアーよりも2割ほど悪いので、11km/Lくらいになりそうです。

<2.5Lハイブリッド>
2.5Lハイブリッドには、ダイナミックフォースエンジンが設定されています。

現在、カムリやレクサスES、クラウンなどに採用されています。

ダイナミックフォースエンジンを搭載した2.5Lハイブリッドシステムは、従来のものより燃費が9%向上していると、トヨタから発表されています。

現行アルファードの2.5Lハイブリッド搭載グレードの燃費は19.4km/Lですから、新型アルファードの2.5Lハイブリッド搭載グレードの燃費は、21km/L程度になると予想することができます。

ちなみに、カムリは先代モデルの23.4km/Lから33.4km/Lと、40%も向上しています。
上級グレードでも、28.4km/Lと、15%以上向上しています。

ですから、新型アルファードも、2.5LハイブリッドモデルはJC08モードなら20km/Lを上回る燃費となることは間違いないでしょう。

ただし、新型はWLTCモード燃費で表記されるはずなので、その場合どうなるかは分かりません。

いずれにしても、新型アルファードの中核となりそうな2.5L NAエンジンと、2.5Lハイブリッドがダイナミックフォースエンジンになることで、現行型よりも、パワーがあり、燃費がよく、TNGAプラットフォームによって走りや乗り心地も良いミニバンということで、ミニバントップの座を守ることは間違いなさそうですね。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

関連記事

新型 アルファード ヴェルファイア フルモデルチェンジ 発売日は、いつ?2020年1月?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする