車の個人売買 名義変更をしてくれないトラブルが発生した時の対処法

車の個人売買で多いトラブルの一つに、相手がなかなか名義変更をしてくれない。というものがあります。

今回は、相手がなかなか名義変更をしてくれない時、どういった対応をすれば良いのか、考えてみましょう。

名義変更されないとどういう問題があるのか

まずは、個人売買で売却した車の名義変更がされないとどういった問題が発生するのか。紹介します。

・自動車税の請求が来る
自動車税の請求は、毎年4月1日時点の所有者の元に届きます。

4月1日まで名義変更されないままだと、あなたに自動車税の請求がくることになり、また、支払わないと差し押さえなどの処分が下されることになります。

・罰金、反則金の請求が来る
車を売った相手が何らかの違反をして罰金、反則金の支払いに応じなかった場合、所有者に罰金、反則金の請求が来ます。

これも、支払いに応じないと差し押さえなどの処分が下されることになります。

・事故を起こした場合の責任を負う可能性がある
車を売った相手がその車に任意保険をかけず、大きな事故を起こした場合、損害賠償の請求が所有者であるあなたに来る場合があります。

この場合は、裁判で車は既に売却したものであり、名義変更してもらっていないだけだ。と主張すれば最終的に賠償責任を負う可能性は低いと考えられますが、裁判沙汰になるだけで大変です。

対処法

個人売買で売却した車が名義変更されないままだと大変だ。ということがお分かり頂けたかと思います。

相手が名義変更してくれない場合、具体的にどういった対応を取ればよいのでしょうか。

・電話で催促する
まずは、話し合いで解決を試みましょう。
電話やメールでいつまでに名義変更をするのか。期日を決めてもらいましょう。

・直接会って一緒に名義変更をする
電話やメールで期日を決めても守ってもらえない場合、車を売った相手が近ければ、一緒に運輸支局に行って名義変更手続きをするという方法もあります。

なんで自分が面倒な目にあわなければいけないんだ。と思うかもしれませんが、早く名義変更してもらわないと上で紹介したようなデメリットがあります。

相手が手続きについて詳しくない場合もありますから、必要書類を持って一緒に手続きに行きましょう。

・内容証明を送る
それでも相手が応じない、連絡が取れないなどの場合は、内容証明郵便を送ります。

内容証明郵便とは、送った内容を証明できる(送った内容が郵便局に保管される)郵便です。
○月○日までに名義変更手続きが行われない場合、法的手続きに移ります。弁護士に相談します。など、厳しい文調で手紙を送ります。

・弁護士に相談する
内容証明郵便を送っても音沙汰のない場合、正直、個人ではお手上げです。
弁護士に相談し、適切な対応を取ってもらいましょう。

契約内容に名義変更が含まれていれば、契約不履行による返金の要求。

自動車税や罰金などで損害が出ている場合は、損害賠償請求など、法的な対応を取ってもらいます。

トラブルになる前に

もし、あなたがまだ車を売る前であったなら・・・

友人ならばともかく、あまり親しくない相手、ネットを利用して見ず知らずの相手と車の個人売買をするということは、様々なリスクを伴います。

車を売る時は、安心できる買取専門業者がおすすめです。車が高く売れる一括査定サイトを紹介しますので、一度査定してみてください。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする