カローラフィールダー 買取相場を、年式別、グレード別(1.5X、1.5G、1.8S、W×B)、走行距離別に紹介!

車名別買取相場一覧にもどる

トヨタ、カローラフィールダーの買取相場、買取価格を、年式別、グレード別、走行距離別に紹介します。

初代カローラフィールダーの買取相場



出典https://newsroom.toyota.co.jp/ ”

新車価格 144万円~218万円
サイズ 全長4,385mm×全幅1,695mm×全高1,520mm
排気量 1.5L、1.8L、2.2ディーゼル
車両重量 1,100kg
販売期間 2000年~2006年

初代カローラフィールダー、前期型の買取相場

前期型は、2000年8月から2004年4月まで販売されていたモデルです。
型式名は、TA-ZZE124G、TA-NZE121G、TA-NZE124G、KE-CE121G、UA-ZZE124G、UA-ZZE122G、UA-NZE121G、UA-NZE124G、TA-ZZE123G、TA-ZZE122G、CBA-NZE121G、CBA-NZE124G、CBA-ZZE122Gです。

 時点の買取相場

平成 グレード 走行距離 買取価格
12年式 1.5X 178,000km 3万円
12年式 1.8S 87,000km 7万円
13年式 1.5X G 78,000km 11万円
13年式 1.8S 51,000km 5万円
14年式 1.5X リミテッド 177,000km 5万円
14年式 1.8S 125,000km 10万円

初代カローラフィールダー前期型の買取相場は、1万円~10万円です。

さすがに年式が古いためなかなか高値はつきませんが、10万キロを超えても5万~10万円の値段がつくのが特徴です。「世界のカローラ」ですね。

丈夫で、商用車にも使うことができるという点で買われています。


あなたの車の買取相場は分かりましたか?

一括査定を利用すれば、あなたの車の最高価格を簡単に知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定

査定は無料で、必ず売らないといけないということないので、一度試してみて下さい。

初代カローラフィールダー、後期型の買取相場

後期型は、2004年4月から2006年10月まで販売されていたモデルです。
型式名は、TA-ZZE123G、TA-ZZE122G、DBA-NZE121G、CBA-NZE121G、CBA-NZE124G、CBA-ZZE122Gです。

 時点の買取相場

平成 グレード 走行距離 買取価格
15年式 1.5X 68,000km 5万円
15年式 1.8S 200,000km 11万円
16年式 1.5Xリミテッド 57,000km 16万円
16年式 1.8S 36,000km 16万円
17年式 1.5X 48,000km 17万円
17年式 1.8S 72,000km 20万円

初代カローラフィールダー前期型の買取相場は、3万円~20万円です。

カローラフィールダーは、セダンよりも沢山の荷物を積めて使い勝手が良いため、海外を中心に人気です。

高価買取には、複数の買取業者から見積もりをもらうことが大切です。


あなたの車の買取相場は分かりましたか?

一括査定を利用すれば、あなたの車の最高価格を簡単に知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定

査定は無料で、必ず売らないといけないということないので、一度試してみて下さい。

2代目カローラフィールダーの買取相場


出典https://newsroom.toyota.co.jp/ ”

新車価格 151万円~237万円
サイズ 全長4,420mm×全幅1,695mm×全高1,520mm
排気量 1.5L、1.8L
車両重量 1,170kg~1,310kg
販売期間 2006年~2012年

2代目カローラフィールダー、前期型の買取相場

前期型は、2006年10月から2008年10月まで販売されていたモデルです。
型式名は、DBA-NZE141G、DBA-NZE144G、DBA-ZRE144G、DBA-ZRE142Gです。

 時点の買取相場

平成 グレード 走行距離 買取価格
18年式 1.5X HID 104,000km 24万円
18年式 1.8S 36,000km 34万円
19年式 1.5X G 49,000km 21万円
19年式 1.8S 97,000km 16万円
20年式 1.5X  43,000km 46万円
20年式 1.8S 54,000km 49万円

2代目カローラフィールダー前期型の買取相場は、10万円~50万円です。

特にHIDヘッドライトが搭載されいてるモデルは、そうでないものよりも、買取価格が高い傾向にあります。


あなたの車の買取相場は分かりましたか?

一括査定を利用すれば、あなたの車の最高価格を簡単に知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定

査定は無料で、必ず売らないといけないということないので、一度試してみて下さい。

2代目カローラフィールダー、後期型の買取相場

後期型は、2008年10月から2012年6月まで販売されていたモデルです。
型式名は、DBA-NZE141G、DBA-NZE144G、DBA-ZRE144G、DBA-ZRE142Gです。

 時点の買取相場

平成 グレード 走行距離 買取価格
21年式 1.5X 91,000km 20万円
21年式 1.8S 58,000km 74万円
22年式 1.5X エアロ 48,000km 55万円
22年式 1.8Sエアロ 101,000km 57万円
23年式 1.5X  126,000km 53万円
23年式 1.8S 54,000km 63万円

2代目カローラフィールダー後期型の買取相場は、20万円~70万円です。

フルモデルチェンジされて型落ちにはなりましたが、まだまだ高い需要があります。
特に、最上級グレード、エアロツアラーは高価買取が可能です。


あなたの車の買取相場は分かりましたか?

一括査定を利用すれば、あなたの車の最高価格を簡単に知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定

査定は無料で、必ず売らないといけないということないので、一度試してみて下さい。

3代目カローラフィールダーの買取相場



出典https://newsroom.toyota.co.jp/ ”

新車価格 153万円~253万円
サイズ 全長4,360mm×全幅1,695mm×全高1,465mm
排気量 1.5L、1.8L
車両重量 1,120kg~1,210kg
販売期間 2012年~販売中

3代目カローラフィールダーは、セダンのアクシオと同じく、少しサイズが小さくなりました。

アクシオよりは車重が重く、アクティブな使い方が想定されているため、エンジンは1.5Lと1.8Lがラインナップされています。

2013年にはハイブリッド車が追加されて、ますます人気となっています。

2015年のマイナーチェンジでは、1.5Lガソリンエンジンが刷新され、23.0km/Lの低燃費を実現しています。

このページでは、2006年から2012年まで販売されていた、3代目カローラフィールダー、ガソリン車の買取相場、高価買取のコツを紹介します。

3代目カローラフィールダー、前期型の買取相場

前期型は、2012年5月から2015年3月まで販売されていたモデルです。
型式名は、DBA-NZE161G、DBA-ZRE162G、DBA-NZE164G、DBA-NRE161Gです。

 時点の買取相場

平成 グレード 走行距離 買取価格
24年式 1.5G 32,000km 61万円
24年式 1.8S 43,000km 58万円
25年式 1.5X 39,000km 62万円
25年式 1.8S 75,000km 79万円
26年式 1.5Gエアロ 27,000km 85万円
26年式 1.8S 9,000km 91万円

3代目カローラフィールダー前期型の買取相場は、50万円~90万円です。

年式は新しいため、買取価格は基本的に走行距離に連動します。


あなたの車の買取相場は分かりましたか?

一括査定を利用すれば、あなたの車の最高価格を簡単に知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定

査定は無料で、必ず売らないといけないということないので、一度試してみて下さい。

3代目カローラフィールダー、後期型の買取相場

後期型は、2015年3月から現在も販売されているモデルです。
型式名は、DBA-NZE161G、DBA-ZRE162G、DBA-NZE164G、DBA-NRE161Gです。

平成 グレード 走行距離 買取価格
27年式 1.5G 44,000km 112万円
27年式 1.5X 23,000km 105万円
28年式 1.8S 19,000km 125万円
28年式 1.5G 35,000km 135万円
29年式 1.5G W×B 21,000km 171万円
29年式 1.8S 11,000km 165万円

3代目カローラフィールダー、後期型の買取相場は、110万円~180万円です。

特別仕様車、W×Bは、他のグレードよりも買取相場が高めです。


あなたの車の買取相場は分かりましたか?

一括査定を利用すれば、あなたの車の最高価格を簡単に知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定

査定は無料で、必ず売らないといけないということないので、一度試してみて下さい。

カローラフィールダーの特徴、車種紹介

カローラフィールダーは、商用車のイメージが強かったカローラバンを乗用車専用にデザインしなおした車です。

商用車は、プロボックス、サクシードとして独立しました。

2000年に発売された初代カローラフィールダーは、セダンよりも全長は20mm長く、全高は50mm高く、ステーションワゴンスタイルのため、高い積載性が魅力の車です。

カローラフィールダーは、セダンよりも幅広い年代に人気があり、中古車市場でも人気の車です。

2006年に発売された2代目カローラフィールダーは、全高が低くなり、よりスタイリッシュになりました。

2.2Lのディーゼルエンジンも廃止され、完全に乗用車、アウトドアカーとして生まれ変わりました。

これまで、「カローラ」といえばオジサンの車というイメージになっていましたが、このフィールダーは顧客の年齢層も低くなり、見事に若返りを果たしました。

2012年に発売された3代目カローラフィールダーは、セダンのアクシオと同じく、少しサイズが小さくなりました。

アクシオよりは車重が重く、アクティブな使い方が想定されているため、エンジンは1.5Lと1.8Lがラインナップされています。

2013年にはハイブリッド車が追加されて、ますます人気となっています。

2015年のマイナーチェンジでは、1.5Lガソリンエンジンが刷新され、23.0km/Lの低燃費を実現しています。

カローラフィールダーは、2019年のカローラシリーズの刷新で姿を消し、3ナンバーのカローラツーリングワゴンに変わる予定です。

そうなると、5ナンバーサイズの手頃なステーションワゴンが、ホンダ・シャトルくらいしかなくなってしまいます。

通常、フルモデルチェンジされて型落ちになると、相場の下落が早くなるのですが、カローラフィールダーは型落ちになっても、意外と相場が落ちないかもしれません。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする