本日10月3にち、3代目となる新型タント・タントカスタムが発売されました。

紹介ページを見てみると、特に目をみはるのがタントカスタムの方。
華々しくオーラを放っている写真を背景に、「王者の証明。」とあります。
一見、高級車の紹介かと見紛うばかりのまばゆいデザインとなっています。

スポンサーリンク


ダイハツがあえて軽の王者ではなく、スモールカーの王者を標ぼうしているからには、軽だけなく、ヴィッツやフィット等にも勝る部分があるとの自信があるのでしょう。

価格は、タントが117万円~158万円。
タントカスタムが、147万円~175万円。

タントカスタムは、もはや普通車の中心であるカローラ(137万円~)をも上回っていますが、
軽自動車の価格の上昇傾向はいつまで続くのでしょうか。

既に試乗車が用意してある店舗もあるらしく、
タントはこちら
タントカスタムはこちら

上のリンクをクリックしてもらうと、試乗車のある店舗が表示されています。

本日(10月3日)の時点では、まだ県内に1店舗もない都道府県も多いですが、これから徐々に増えていくことでしょう。

私もいずれ試乗するつもりですので、その時にはまたレポートします。
 カテゴリ
 タグ
None