ホンダのステップワゴンが、年末にもフルモデルチェンジされる予定です。

ステップワゴンは、ノア・ヴォクシーやセレナに押され気味で、
販売をテコ入れするために、パワートレインを大きく変更してきます。

スポンサーリンク


その内容は、ガソリン車を廃止して、
ダウンサイジングターボハイブリッドに絞ること。

ダウンサイジングターボエンジンは、1.5Lとなり、
ハイブリッドは2.0Lのハイブリッドになるようです。

ホンダは、フリードでも同様、ダウンサイジングターボと
ハイブリッド化を計画
しており、新時代のエコラインナップとして
ハイブリッドだけでなくターボも積極的に展開していくようです。

ただし、まずはターボモデルのみの投入となり、
ハイブリッドの登場は2016年?になるとも言われています。
ノア・ヴォクシーがハイブリッド化された中、
ステップワゴンもいち早くハイブリッドを投入したいところでしょうが、
ホンダはただでさえ新型車を次々と投入しており、
全てにハイブリッドを用意するのはちょっと間に合わないのでしょうか。

ハイブリッドが登場する時には、ノア・ヴォクシーの燃費を超えてくることは確実で、
25km/Lを達成すると見られています。

ホンダのミニバンと言えば、少し影は薄いですが
ストリームもフルモデルチェンジの情報が出ていますので、こちら
ホンダ 新型 次期ストリーム モデルチェンジは2014年?
ハイブリッド登場!

を御覧ください。
 カテゴリ
 タグ
None