新型ハリアー 試乗記 ガソリンモデルでも高級車の乗り心地!

トヨタ、新型ハリアーに試乗してきましたので、
その感想を簡単にお伝えしようと思います。

今回試乗したのは、ガソリンモデルのエレガンス。
ハリアーの4つあるグレードの内、下から2番目です。

まず、乗り込んで感じるのは、内装の質感が高い!
革張りの内装に、曲線が多用されており、
インパネはスマホの様なクリアなガラス面で、高級感を感じます。

ガソリンモデルは、直4、2Lエンジンで、
1.6t弱ある車重を考えると、非力ではないか?と思っていましたが、
実際に走ってみると、結構力強く感じることが出来ました。

店の周りをぐるっと走ってみましたが、
エンジンが唸ることもなく、スムースな加速をしてくれました。

今回は、市街地での試乗だったので、
高速道路での加速等は分かりませんが、
とりあえず100kmそこらの速度域であれば問題ないでしょう。

又、静粛性だけでなく、段差を乗り越える時の揺れも
少なく抑えられており、高級車だな。と感じることが出来ました。

試乗前は、見た目や内装の質感は好印象なものの、
直4、2Lエンジンのガソリンモデルでは果たして満足できるのか?
と思っていましたが、良い方向で予想を裏切ってくれました。

後日お伝えしますが、ホンダ・ヴェゼルとは明らかに違いを感じました。
新型ハリアー、値段なりの価値はあると思います。

※ ホンダ・ヴェゼルの試乗レポート公開しました。
ヴェゼル 試乗 レポート! ハリアーとの違いは?



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする