前回、ハリアーの試乗レポートをお伝えしたのに続き、
新型ハリアー 試乗記 ガソリンモデルでも高級車の乗り心地!
今回は、ホンダ・ヴェゼルの試乗レポートをお伝えします。

ハリアーとヴェゼルの性格の違いもよく分かりましたので、
その辺を重点的にお伝えします。

スポンサーリンク


試乗したのは、ハイブリッドのFFモデルです。

まず、乗り込んだ第一印象は、フィットよりも上質だな。ということです。
フィットをベースにしているものの、質感ははしっかりと差別化されていました。
しかし高級感というには、ハリアーとは圧倒的な差がありますね。
ヴェゼルは、フィットよりは良いけれど、高級感がある。とは言えません。

走りだしは、ハイブリッドモデルなので、
モーターのみで静かに走り出します。
この点は、ハリアーはガソリンモデルだったので、ハリアーよりも静か。

しかし、エンジンがかかると、聞こえてくるエンジン音は、
明らかにハリアーのほうが静かでした。

又、乗り心地も、ホンダ車らしく比較的硬めで、
高級車に近いと感じたハリアーの乗り心地とは明らかに違います。
乗り心地は、好みがあるので一概には言えませんが、
ハリアーの方が乗り心地が良いと言って差し支えないと思います。

パワーは、ハイブリッドであるヴェゼルの方が力強さを感じました。
もちろん、ハリアーもハイブリッドモデルであればパワーを感じることが出来ると思います。

両方試乗してみて、どちらかというと、
ハリアーはゆったりと運転するクルマ、
ヴェゼルは、積極的に走らせるクルマ。という印象を受けました。

価格差も大きいので、当然といえば当然ですが、高級感ならハリアー
気軽に楽しめるクルマなら、ヴェゼル。と言えるのではないでしょうか。
 カテゴリ
 タグ
None