今回は、ホンダ、N-WGNの試乗レポートをお伝えします。

試乗したのは、カスタムではないN-WGNの、NAです。

日本の新しいベーシックを。とのフレーズで売り込んでいるN-WGN。
個性的なN-ONEに比べて、スタンダードなデザインのN-WGN。

スポンサーリンク


乗り込んでみると、インテリアも、やはりスタンダード。
悪く言えば、これと言って特筆すべき点はありません。
そんなN-WGNですが、乗り心地も、スタンダードなのでしょうか。

ワゴンRやムーヴ等と同様、普通の軽。というつもりで走りだした所、
まず最初に、おっ?加速が良いのではないか?と感じました。

それもそのはず、ワゴンRやムーヴが52ps、デイズは49psであるのに対し、
N-WGNはNAでも58psもあるのです。
たった6psでも、1割の差。確かに違いは体感できます。

逆に、日産DAYZは加速が悪いな。と思ってしまいました。

乗り心地は、若干硬め。
これはホンダ車全般に言えることなので、ホンダらしさでもあるでしょう。
好き嫌いは人それぞれだと思いますが、カーブ等での安定性は良いです。

最後に少し気になった点。
エンジン音が、ちょっとうるさいかな?と思いました。
N-BOXの頃から言われていた事ですが、
まぁ、その分パワフルであるということを考えれば、
許容範囲かな?とは思いますが、ライバル車より若干うるさいと思います。

それにしても、NAでこの走りは、もうターボはいらないんじゃないか?
と感じました。

やっぱり、エンジンのホンダですね!と思った一日でした。
 カテゴリ
 タグ
None