スイスの、ジュネーブモーターショーにて、
マツダの次期デミオ、CX-3のコンセプトカーとなる
跳(HAZUMI)が公開されました。

前回は、一部の公開のみでしたが、
今回はその全貌が明らかになりました。

スポンサーリンク


さっそく、画像をご覧頂きましょう。

フロント
hazumi1.jpg

リア
hazumi2.jpg

インテリア
hazumi3.jpg

エクステリアは、魂動デザインを採用し、
市販されるモデルにとても近いのではないでしょうか。

インテリアは、飛行機のコクピットの様でカッコ良いですが、
市販される際には、もう少し大人しいデザインになるでしょうね。

今回公開されたHAZUMIのサイズは、
全長4,070×全幅1,730×全高1,450mmと、
現行デミオよりも170mm長く、35mm広く、25mm低くなっている。

次期デミオは、全長は長くなると言われているが、
幅はこのままでは3ナンバーサイズになってしまうので、
市販される際にはもう少し小さくなって登場するだろう。

しかし、格好いいデザインですね。

又、以前お伝えした新開発の1.5Lディーゼルエンジンが
このHAZUMIに搭載されているということで、
次期デミオやCX-3にこのエンジンが搭載される可能性が高まったと言えます。

マツダ、次期デミオの発売は、2014年10月頃、
CX-3の発売は2015年頃と予想されています。
 カテゴリ
 タグ
None