ステップワゴン ハイブリッド 発売日は2014年中なるか?フィットのリコールが影響?

トヨタのミニバン、ノア・ヴォクシーにハイブリッドが登場しました。

今回は、そのライバルにあたるホンダ・ステップワゴン
ハイブリッドの情報をお伝えしましょう。

ステップワゴンハイブリッドは、2014年のフルモデルチェンジに
合わせた発売を目指して開発されているようです。

ハイブリッドシステムは、2Lエンジンに2つのモーターを組み合わせた、
アコードと同じシステムが搭載されるといわれています。

アコードが30km/Lなので、重量と空気抵抗で不利なステップワゴンでは、
25km/L程度になるのではないかと予想されていますが、
気になるのは、フィットハイブリッドでのリコール問題です。

新型ステップワゴンに搭載されるハイブリッドシステムは、
アコードタイプのもので、フィットハイブリッドとは別で、
問題になっているDCTは採用されていないので、
直接的な問題はないと思われますが、
フィットでの問題が波及して、開発に遅れが・・・。
といったような影響が心配されます。

ハイブリッドの技術自体は、トヨタにも決して劣らない
ものを持っているはずですから、あとは完成度ですね。

この部分は、やはりプリウスを昔から売り続けてきた
トヨタに分があるのでしょう。

今後のホンダ・ハイブリッドの品質に要注目です。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする