フォルクスワーゲンは、ジュネーブモーターショーで、
新しいSUV、T-ROCコンセプトを公開した。

T-ROCは、ティグアンよりも小さいサイズで、
新型ゴルフと同じ、MQBプラットフォームがベースになっています。

スポンサーリンク


T-ROCのデザインは、こちらです。
t-roc2.jpg

フロントグリルがフォルクスワーゲンっぽくないですね。
市販される時は3本ラインのデザインになるのでしょうか。

T-ROCコンセプトのスペック情報です。
サイズ 全長4179×全幅1831×全高1501mm
ホイールベース2595mm
パワートレイン 直4、2Lターボディーゼルエンジン。
最高出力181ps、最大トルク38.7kgm。

燃費も、SUVとしては良好な、20.4km/Lとなっています。(欧州燃費基準)

この、コンセプトカーの時点では、2ドアですが、
市販される際は4ドアになるのではないかと言われています。

現時点では、詳しい発売時期や、
日本での発売があるかは分かりませんが、
発売されるのであれば、価格は、ゴルフとティグアンの中間程度、
200万円台後半~になるのではないかと予想されます。

丁度、日本でもSUVが盛り上がってきている所なので、
日本で発売されれば、ハリアーあたりの良いライバルになるのではないでしょうか。
 カテゴリ
 タグ
None