フォルクスワーゲン ゴルフ7 燃費は31km/L! 日本発売は5月?

フォルクスワーゲン、ゴルフ7がフルモデルチェンジされて登場する。
新型ゴルフ7は、外見は大きな変更はなく、一目見て「ゴルフ」
と分かるデザインだ。

今回のゴルフ7の最大の魅力は、燃費にある。
ベースグレードで、26.3km/L(欧州複合基準)
最も燃費の良い、ブルーモーションに至っては、
31km/Lを達成している。
ブルーモーションは、1.6Lのディーゼルエンジンで、パワーは110ps。
いわゆる、ダウンサイジングされたクリーンディーゼルエンジンだ。

ここまで燃費をよく出来た理由は様々だが、
最も大きな理由は、軽量化だ。
ゴルフ7は、先代に比べ、最大100kgの軽量化を実現した。
多額の開発費用をかけた新しい共用プラットフォームを開発し、
骨格部分で23kg、その他、シートやダッシュボードに至るまで、
徹底的に軽量化を追求した。

あのプリウスでさえ、欧州複合燃費基準では、25.6km/Lであるから、
ハイブリッドを使わずして、プリウスを大きく上回る燃費である。

トヨタとしては、燃費で負けるわけにはいかないだろうから、
2015年にフルモデルチェンジが予想されている新型プリウスでは、
このゴルフ7の燃費を上回ってくるだろうが、とにかく、
ハイブリッドではないのにこの燃費は、驚きの一言だ。

フォルクスワーゲン・ゴルフ7の日本発売予定は、2013年5~6月頃と予想されています。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする