12月15日に発売される、トヨタの燃料電池自動車「ミライ」。

水素を燃料として走り、空気中の酸素との化学反応で発電して走るわけですが、水しか排出しない究極のエコカーということで、注目されていますね。
今回は、そんなMIRAIの燃費について注目してみましょう。

スポンサーリンク


ガソリンを燃やして走るわけではありませんので、単純に比較することはできませんが、MIRAIのタンク容量は122.4Lで、航続距離は650kmなので、水素1Lあたり5.3km走行できることになります。

mirai.jpg

ここで気になるのが、水素1Lあたりの価格です。
ちょっと探してみましたが、水素1Lでいくらになるのかという情報はみつかりませんでした。
しかし、岩谷産業というところが、水素1キログラムあたり1,100円で販売し、これは実質ハイブリッド車並の燃料コストで走行できることになる。という情報がありました。

水素は水と違い、1L=1キログラムではなく、最も軽い気体ですので、数キログラムで122Lになるのでしょう。

MIRAIが普及してくる「未来」を考えると、水素の供給コストは更に下がってくることでしょうから、更に実質的な燃費は良くなるでしょうね。

もちろん、現時点では補助があるとはいえ520万円の車体価格と、決して安いわけでは有りませんが、プリウスも初めはそんな感じでしたから、これから燃料電池車と水素ステーションがどのように普及していくのか、注目ですね。

スポンサーリンク


 カテゴリ
 タグ
None