スポンサーリンク


トヨタ、C-HRに、待望のツートンカラーが追加されます。

■もくじ
<ハイパワーモデル情報>
・発売日
・デザイン
・パワー
・GRシリーズに投入か

<C-HR基本情報>
・発売日
・外装、エクステリア
・カラーラインナップ
・内装、インテリア
・パワートレイン
・燃費
・グレード別価格
・サイズ
・装備、オプション
・走り
・予防安全性能
・C-HRを検討中の方へ


<ハイパワーモデル情報>

発売日

C-HRハイパワーモデルの発売日は、2018年中と予想されています。

デザイン

フランクフルトモーターショーで、C-HRハイパワーモデルのコンセプトモデルが出品されました。

c-hrhy.jpg出典Carscoops

c-hrhy2.jpg出典Carscoops

c-hrhy3.jpg出典Carscoops

c-hrhy4.jpg出典Carscoops

c-hrhy5.jpg出典Carscoops

こういったハイパワーモデルは、赤がアクセントに使われることが多いですが、C-HRハイパワーコンセプトでは、オレンジがアクセントに使われています。

市販車では、ここまで奇抜にはならないでしょうが、オレンジがアクセントに使われることでしょう。

パワー

C-HRハイパワーコンセプトは、現行のC-HRハイブリッドよりもハイパワーなハイブリッドシステムを搭載したコンセプトモデルです。

詳しいスペックはまだ公開されていませんが、現行のシステム出力122psに対して、150ps程度のハイブリッドシステムが搭載されるのではないかと予想されています。

C-HRは、元々3代目プリウスよりもパワーダウンした4代目プリウスのシステムが搭載されていたので、もう少しパワーが欲しい。といった声も多く聞かれました。

ハイパワーモデルが投入されれば、そういったユーザーの声に応えることができるでしょう。

ハイパワーなハイブリッドシステムは、2018年初頭に詳細が発表されるということです。

GRシリーズに投入か

C-HRのハイパワーモデルは、GRシリーズとして発売されるかもしれません。

となると、パワートレインに手が加えられているので、GRMNという位置づけになるのか、GRMNとなると相当なチューニングが必要なので、GRやGRスポーツという位置づけになるのかなどはまだ不明です。

C-HRにもGRシリーズが投入されるという情報があるので、GRシリーズにはこのハイパワーなハイブリッドシステムが搭載されることになるでしょう。

また新しい情報が入りましたら、更新します。

スポンサーリンク



<C-HR基本情報>

発売日

C-HRの発売日は、2016年12月14日です。

エクステリアデザイン

chr2.jpg

chr3.jpg

chr4.jpg

トヨタからの公式コメントです。
デザインは、「センシュアル スピード - クロス」をコンセプトに、SUVのたくましい足回りやスピード感あふれるボディ、大人の色気を表現し、新ジャンル・スペシャルティを追求した。ダイヤモンドをモチーフとし、コンパクトなキャビンとリフトアップ感のある薄いボディを一体化した多面体のような精彩なボディから、前後のホイールフレアが大きく張り出した構成により、圧倒的なスタンスの良さを表現。「キーンルック」や、その構成要素でもある「アンダープライオリティ」などのTOYOTA独自のデザイン表現を進化させ、ワイド感と踏ん張り感ある鋭く力強いフロントマスクを創出している。


カラーラインナップ

C-HRのカラーラインナップは、モノトーン8色、ツートンカラー8色の全16色です。

<モノトーン>
・メタルストリームメタリック
c-hr20.jpg

・ブラックマイカ
c-hr21.jpg

・センシュアルレッドマイカ
c-hr22.jpg

・ダークブラウンマイカメタリック
c-hr23.jpg

・イエロー
c-hr24.jpg

・ラディアントグリーンメタリック
c-hr25.jpg

・ブルーメタリック
c-hr26.jpg

・ホワイトパールクリスタルシャイン
c-hr27.jpg

<ツートンカラー>
・ブラック×ホワイトパールクリスタルシャイン
chr13.jpg

・ホワイト×ダークブラウンマイカメタリック
chr14.jpg

・ホワイト×ブラックマイカ
chr15.jpg

・ブラック×センシュアルレッドマイカ
chr16.jpg

・ホワイト×ラディアントグリーンメタリック
chr17.jpg

・ブラック×メタルストリームメタリック
chr18.jpg

・ブラック×イエロー
chr19.jpg

・ホワイト×ブルーメタリック
chr20.jpg

スポンサーリンク


内装、インテリア

C-HRのインテリアカラーは、
・リコリスブラウン(G系)
・ブラック(S系)

の2色ラインナップされます。

トヨタが公開した国内仕様のインテリア
G系の上級ファブリック+本革シートです。 c-hr_201609301821063ce.jpg

c-hr3_20160930182107f85.jpg

c-hr2_20160930182109ef8.jpg

S系
chr5.jpg

ダッシュボード周りにソフトパッドを使うなど、なかなか高級感があり、なおかつ先進的なインテリアですね。

エアコン操作パネルを見てみると、左右独立で温度調節ができるようです。

パーキングブレーキは、電動パーキングブレーキが採用されています。

G系のシートはオプションで更に上質な本革シートも用意されています。
c-hr36.jpg

パワートレイン

C-HRには、ハイブリッド車とガソリンターボ車の2タイプが用意されます。

ハイブリッド車は、プリウスと同じ1.8Lエンジン+モーターです。
ハイブリッド車のスペックは、
・エンジン
最高出力・・・98ps/5,200rpm
最大トルク・・・14.5kgm/3,600rpm

・モーター
最高出力・・・72ps
最大トルク・・・16.6kgm

ガソリン車には、1.2Lダウンサイジングターボエンジンが搭載されます。
1.2Lターボ車のスペックは、
最高出力・・・116ps/5,200-5,600rpm
最大トルク・・・18.9kgm/1,500-4,000rpm

(海外限定2.0Lガソリン車)
2.0Lガソリン車のスペックは、
最高出力・・・150ps/6,100rpm
最大トルク・・・19.7kgm/3,800rpm

日本ではハイブリッド車と1.2Lターボ車のみの発売です。

燃費

燃費は、
ハイブリッド車・・・30km/L
1.2Lターボ車・・・15.2km/L

です。

ハイブリッド車はFFのみ、ターボ車は4WDのみの設定です。

スポンサーリンク


価格

C-HRは、ターボ車、ハイブリッド車ともにSとGの2グレード構成です。

グレード別価格は、

ターボ車(4WDのみ)
1.2S-T・・・2,516,400円
1.2G-T・・・2,775,600万円

ハイブリッド車(FFのみ)
S・・・2,646,000円
G・・・2,905,200円
です。

価格差が小さく燃費が大きいことと、ターボ車は4WDのみ、ハイブリッド車はFFのみというラインナップなので、ハイブリッドが販売の大半になると予想されます。

買い替えを考えている方は、一度今乗っている車の査定をしてみることをおすすめします。
SのとGの価格差は約15万円。それくらいは得する査定額が提示されるかもしれません。


サイズ

C-HRのサイズは、全長4,360mm×全幅1,795mm×全高1,550mm(ターボ車は1,565mm)です。

幅は1,800mm以内に収まっていますが、全高が1,550mmを超えているので、立体駐車場には入れられないところも多いですね。

室内の広さは、
室内長1,800mm×室内幅1,455mm×室内高1,210mmという情報です。

サイズの割には室内は決して広いわけではありません。
デザインを重視した結果でしょう。

装備、オプション

グレード別の装備、オプションは長くなるので、記事を分けました。
こちらをご覧ください。

C-HR グレード別装備、オプションを紹介。(S、S-T、G、G-T)【C-HR モデリスタ、TRDも】

走り

恰好と走りを突き詰めたのが『TOYOTA C-HR』。走りのコンセプトとして、1つ目は、ドライバーが操作したときにクルマが瞬時に反応する、レスポンス。
2つ目は、ドライバーの操作量に応じてクルマがその通りに応答する、リニアリティ。
最後は、コンシステンシー。どんな路面状況でも、どんな速度でも、車両の応答に統一感があること。
この3点に磨きをかけることで、ドライバーは信頼感・安心感を持って走ることができます。出典:TOYOTA

C-HRには、新型プリウスと同じく、TNGAプラットフォームが採用されます。

TNGAは、新型プリウスでも走りの性能が大幅に向上したと、好評です。

フロントにはマクファーソンストラット、リヤにはダブルウィッシュボーンサスペンションを採用。また、ザックス製のショックアブソーバーが採用されます。
C-HRは、「走り」と「デザイン」に徹底的にこだわったということなので、走りにも期待できます。

ニュルブルクリンクでテスト走行や耐久レースにも参加しています。

プリウス以上の走りの良さが期待できます。

この辺は実際に試乗をして確かめてみたいですね。

予防安全性能

C-HRには、トヨタセーフティセンスPが標準装備となります。

トヨタセーフティセンスPは、
・プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援型)
・レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付)
・オートマチックハイビーム
・レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付/全車速追従機能付)
のパッケージです。

トヨタセーフティセンスPの他にも、
・S-VSC(ステアリング協調車両安定性制御システム)
・EBD付ABS
・ヒルスタートコントロール

なども搭載されています。



スポンサーリンク


C-HRを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るか。が大切です。

新車に買い換える時は、ディーラーに下取りに出してその分値引きをしてもらうことが多いですが、一般的には買取業者に売った方が高く売ることができます。

(ディーラーは自社店舗での販売が中心であることに対して、買取業者はオークション、海外販売など販路が多いので、高く買い取ることができます。)

ディーラーの下取り価格と比較するためにも、まずは自分の車の買取価格を知っておきましょう。

以下のリンクから、自分の車をいくらで売ることができるのかを知ることができます。

>>愛車の最高価格を知る!最短30秒で入力完了

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

出典表記のない画像はトヨタ様HPから引用
 カテゴリ
 タグ
None