前回の記事で、オデッセイ、ジェイド、レジェンドにホンダセンシングが搭載されることを紹介しました。

少し後になりますが、ホンダの主力車種、フィットやヴェゼルにも、ホンダセンシングが搭載されることになります。

今回は、これまで搭載されていたあんしんパッケージとの違いや、この分野で進んでいる、スバルのアイサイトver3との比較をしてみましょう。

スポンサーリンク


・衝突軽減ブレーキシステム(CMBS)
前走車、対向車、歩行者などを認識し、自動でブレーキをかけ、追突を回避、もしくは衝撃を軽減するシステムです。
追突を回避できるスピードは、公式には発表されていませんが、40km/h~50km/hということです。
■あんしんパッケージでは、30km/L以下で動作します。
■アイサイトでは、約50km/h以下で衝突回避、それ以上で衝撃の軽減となります。

また、センターラインをオーバーし、対向車と正面衝突のおそれがある時は、ステアリング振動と表示で警告します。
■あんしんパッケージにはありません。
■アイサイトにはあります。

・路外逸脱抑制機能
車線の逸脱を防止する機能です。
車線の逸脱の恐れがある際、ステアリングの振動と表示での警告、また、車両を車線内に戻すようにステアリングを自動で操作します。
■あんしんパッケージにはありません。
■アイサイトにはあります。 ・歩行者事故低減ステアリング
歩道側へ車線を逸脱し、歩行者、自転車などとの事故の恐れがある際、ステアリングを回避方向に自動で操作します。

■あんしんパッケージにはありません。
■アイサイトにもありません。

・車線維持支援システム(LKAS)
高速道路で、車線の中央を維持するようにステアリング操作を補助します。

■あんしんパッケージにはありません。
■アイサイトにはあります。

・標識認識機能
単眼カメラで道路標識を認識し、ディスプレイに表示することで、運転者に注意を促します。

■あんしんパッケージにはありません。
■アイサイトも標識は認識しています。

・誤発進抑制機能
アクセルとブレーキの踏み間違いなどによる急加速を抑制します。
■あんしんパッケージにもあります。
■アイサイトにもあります。

・先行車発進お知らせ機能
先行車の発進を検知し、音と表示で知らせます。
■あんしんパッケージにはありません。
■アイサイトにはあります。

・ホンダセンシングを選択すると、サイドエアバッグ、サイドカーテンエアバッグも同時についてきます。
■あんしんパッケージを選択した場合にもついてきます。
■スバル車では、オプションとなります。

ホンダセンシングとあんしんパッケージ、アイサイトver3を比較すると、こんな感じですね。
あんしんパッケージと比較すると大幅な進化、アイサイトと比較しても、互角もしくはホンダセンシングの方が優れている部分もありますね。

eyesight.jpg

トヨタも、今年から自動ブレーキ機能を搭載してきますし、こういった機能は今後一般的になることでしょう。
交通事故軽減に確実に寄与する、素晴らしい技術ですね。



スポンサーリンク


 カテゴリ
 タグ
None