スポンサーリンク


メルセデス・ベンツから、「マイバッハ」が復活しました。

マイバッハと言えば、Sクラスの更に上に君臨する、ラグジュアリーを極めた存在です。
今回、そんなマイバッハが復活したわけですが、これまでとは違い、Sクラスをベースにした車になっています。

新型マイバッハは、Sクラスのロングのホイールベースを更に20cm延長。
その延長分は、全て後席の居住環境に当てている。とのことです。

日本でも、2月22日から受注が始まっています。
価格は、マイバッハS550が、2200万円、マイバッハS600が2600万円です。

庶民にはとても手の届かないちょう高級車ですが、これでも先代のマイバッハに比べると半額以下になりました。
先代マイバッハは独自設計でしたからね。

デザインは、こちら。

mybaha.jpg

エクステリアは、Sクラスがベースですので、Sクラスとそう変わりませんね。

mybaha2.jpg

マイバッハの醍醐味といえば、後部座席でしょう。
各席にモニターまでついて、超豪華です。

こう見ると、アルファード、ヴェルファイアのエグゼクティブラウンジはなかなかお買い得なのでは?と思えてきます。
もちろん、乗り心地などなど全然違うでしょうが。

所有できなくても、一生に一度は乗ってみたいですね。

スポンサーリンク


 カテゴリ
 タグ
None