ランドクルーザー200系にディーゼルが?【ランクル200 モデルチェンジ】

トヨタ、ランドクルーザー200系が、今年夏にもモデルチェンジされます。

今回のマイナーチェンジのポイントは、トヨタセーフティーセンスの採用です。

トヨタセーフティーセンスには、主に廉価車に採用されるトヨタセーフティーセンスCと、上級車に採用されるトヨタセーフティーセンスPがあります。

ランドクルーザー200系では、もちろんトヨタセーフティーセンスPの方が採用されます。

トヨタセーフティーセンスPの主な機能は、
・歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ
歩行者に対しては、10km/h~80km/h、車両に対しては、10km/h~最高速まで対応できる自動ブレーキ。
最大40km/h減速することが出来ます。

・レーダークルーズコントロール
前車との距離を一定に保ちながら走行できるクルーズコントロールです。

・レーンディパーチャーアラート
車線を逸脱しそうになった時、ブザーとディスプレイで警告し、事故を防ぎます。

・オートマチックハイビーム

カメラで対向車、先行車を認識し、自動でハイビームとロービームを切り替えます。

また、クリーンディーゼル車がラインナップされるとの情報もありますが、現時点では定かではありません。

ランドクルーザープラドには、ディーゼルエンジンの搭載が決まっていますので、なくはないでしょうね。

デザインも、さらに力強く、迫力のあるデザインに一新されそうです。

ランドクルーザーをベースとしたレクサスLXも、今年日本に投入されます。

レクサスLXの情報は、こちらからどうぞ。
レクサスLX570 日本発売は2015年10月か。画像も紹介!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする