ビアンテ モデルチェンジ 2013年5月に。スカイアクティブを採用。

マツダ・ビアンテが5月27日にマイナーチェンジされた。

今回のモデルチェンジの目玉は、2WD車全車に
スカイアクティブテクノロジーの採用により、燃費が向上。
2WD車全車がエコカー免税対象車となった。

気になる燃費は、14.6km/L
マイナーチェンジ前のモデルと比べて、1.2~1.8km/Lの向上となる。

便利な装備も拡充された。主なものは、
・電動両側スライドドア、スライドドアイージークロージャーを
標準装備に。

・運転席、助手席にシートバックポケット、
リアドアポケットのボトルホルダーを採用。

・スペアタイヤをパンク修理キットにすることで、
床下収納スペースを拡大。

グレードは、
20C-SKYACTIV、20S-SKYACTIV、グランツ-SKYACTIV、
20C、グランツ
の5タイプで、
順に、2,278,500円、2,493,750円、2,598,750円、
2,488,500円、2,829,750円

となっている。
グランツは、特別仕様車であったが、
今回のマイナーチェンジから
グレードの1つとしてラインナップされる。

又、福祉車両も7月下旬を目処にスカイアクティブ化される予定だ。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする