スポンサーリンク


トヨタの最高級車、センチュリーのフルモデルチェンジ情報をお伝えします。

発売日

新型センチュリーの発売日は、2017年末~2018年初頭と予想されています。

東京モーターショー2017でワールドプレミアされるでしょう。

ちなみに、現行センチュリーは2017年2月4日に販売終了となりました。

デザイン

センチュリーの荘厳な雰囲気はそのままに、LEDヘッドライトを採用するなど、先進の機能も積極的に採用されます。

全体的なシルエットも、角ばっている現行センチュリーに比べると角が取れて、今風になるでしょう。

センチュリーのコンセプトカー、FSハイブリッドコンセプトが、東京モーターショーで公開されています。

century.jpg

century3.jpg

century2.jpg画像出典:webcg.net

フロントマスクやホイールは、密に配置されたメッキラインが、高級感を醸し出しています。

リヤは、左右につながったブレーキランプが直線的でありつつも、全体的には丸みを帯びているという、絶妙なデザインとなっています。

FSハイブリッドコンセプトのドアは、観音開きとなっています。

これは、皇室で使われているセンチュリーロイヤルに採用されているものと同じ開き方で、FSハイブリッドコンセプトが、新しい最高級車を提案する。というコンセプトなので、センチュリーの中でも特別なセンチュリーロイヤルに近い作りにしたのでしょう。

新型センチュリーの市販モデルは、通常の開き方のドアとなるでしょう。

コンセプトカーとしては落ち着いたデザインで、市販車に近いデザインであると思われます。

パワートレイン

新型センチュリーのパワートレインは、V8、5.0Lエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドとなるでしょう。

現行センチュリーはV12、5.0Lエンジンでしたから、走行性能は現行以上になりそうです。

燃費も大幅に向上し、15km/L程度になるでしょう。

先代センチュリーは、12気筒あるうちの6気筒が故障しても残りの6気筒で走行することができる。といったフェイルセーフ機能が搭載されていましたが、システムを二重化しなくても十分な信頼性を確保できること、センチュリーは基本的には日本国内で使用されるため、そこまでの装備は過剰だということで、一般的なハイブリッドシステムが搭載されることになるようです。

国産乗用車唯一だったV12エンジンは、姿を消す事となります。

インテリア

新型センチュリーの内装画像はまだ入ってきていませんが、奇をてらうことなく、後席を重視した上質な室内空間となるでしょう。

各所に本木目が採用され、現行センチュリーよりは曲線を多用したデザインになりそうです。

コンセプトカーを見る限りは、現行よりも明るいイメージの車内となるでしょう。

内装画像が入りましたら、また公開します。

安全性能

現行センチュリーは、設計が古いこともあり、自動ブレーキなどの先進安全装備が搭載されていませんでした。

センチュリーは要人を乗せることも多い車なので、最先端の予防安全機能が搭載されるでしょう。

具体的には、新型レクサスLSに搭載されたものと同等の予防安全機能が搭載されるといわれています。

レクサスLSに搭載されたプリクラッシュセーフティシステムは、歩行者にも対応し、これまでよりも早い段階でディスプレイによる注意喚起、また、衝突が避けられないと判断した場合は、自動ブレーキだけでなく、ステアリングも制御して衝突を回避します。

価格

新型センチュリーの価格は、現行よりも大幅にアップし、2,000万円程度になると予想されています。

元々センチュリーは作れば作るほど赤字になると言われていた車なので、利益を確保するためにはこの程度の価格設定にする必要があるのでしょう。

新しい情報が入りましたら、また更新します。

車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>愛車の最高価格を知る!最短30秒で入力完了

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク


 カテゴリ
 タグ
None