スポンサーリンク


ホンダ、CR-Zが2016年にもフルモデルチェンジされます。

CR-Zは、ハイブリッドスポーツとして、2010年に発売されました。

ハイブリッドシステムが旧式のIMAということもあって、最近は販売が振るわず、月販100台を切るような状況です。

cr-z.jpg

インサイト同様、廃盤となる計画も一時持ち上がったようですが、ホンダは今後スポーツカーにも力を入れていく方針で、そのラインナップの一環として新型が開発されているようです。

新型CR-Zに搭載が予定されているエンジンは、直3、1.0Lエンジンです。
これは、次期フリードなどにも搭載が計画されているエンジンですね。

これに、最新のハイブリッドシステムである、i-DCDが組み合わされます。

構造上、i-DCDにMTが組み合わせられるかは不明ですが、スポーツカーなので欲しいところですよね。

ただ、ATであったとしても、i-DCDはスポーツハイブリッドを名乗っており、パドルシフトなどを用いてMT車に近いフィーリングを得ることは可能でしょう。

燃費は大幅に向上し、30km/Lを超えてくる模様です。

更に、ホンダの安全技術である、ホンダセンシングも搭載されるでしょう。

ホンダのスポーツカーは、S660、CR-Z、NSXと、どんどん充実していきますね。

スポンサーリンク


 カテゴリ
 タグ
None