レヴォーグ B型 発売日は4月21日!【レヴォーグモデルチェンジ】

スポンサーリンク

スバル、レヴォーグが4月21日に改良され、B型となります。

これまでのA型と、新型レヴォーグの変更点をみていきましょう。

レヴォーグはこんな車
levorgoff3.jpg出典スバルHP

まずは、安全性能の強化。
アドバンスドセイフティパッケージ」と呼ばれるオプションが設定されます。
この、アドバンスドセイフティパッケージには、
・スバルリヤビークルディテクション
後側方警戒支援システムと呼ばれ、車線変更時など死角に入りやすい後側方の車の存在を知らせてくれます。

また、駐車場をバックで出るときなど、後方からの車の接近を知らせてくれます。

・ハイビームアシスト
前方の車を自動で検知し、ハイビーム・ロービームを自動で切り替えてくれます。

・自動防眩インナーミラー
後続車のライトの眩しさを自動で抑えてくれます。

・サイドビューモニター
助手席側のドアミラーに装着されたカメラで、死角を映します。

どれも、目新しいものではありませんが、元々安全性の高かったレヴォーグの安全性をより高めることに貢献してくれそうです。

装備の面では、電動チルト&スライド式サンルーフがオプションで設定されます。

カラーは、ピュアレッドと、ラピスブルー・パールが新色として追加されます。

また、サスペンションのダンパーが改良され、乗り心地が向上。

静音材、吸音材も追加されて、静粛性もアップしているとのことです。

更に、燃費は17.4km/Lから17.6km/Lに僅かに向上。
自動車取得税は60%減税、重量税は50%減税の対象車になりました。

グレードも、アイサイトが搭載されていなかった、1.6GTが廃止され、全グレードにアイサイトが標準装備ということになりました。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする