新型 フィット フルモデルチェンジ 2019年 発売日、内装、画像、価格、スペック予想など

スポンサーリンク

ホンダのコンパクトカー、フィットのフルモデルチェンジ予想情報をお伝えします。

2019年フルモデルチェンジ予想情報

発売時期

新型フィット、フルモデルチェンジの時期は、2019年末~2020年頃と予想されています。

現行フィットは2013年に発売されました。

普通であれば、3年でマイナーチェンジ、さらにその後3年でフルモデルチェンジというスパンが一般的なのですが、現行フィットはハイブリッドのリコールが相次ぎ、マイナーチェンジが2017年にズレ込んでいます。

そのため、フルモデルチェンジも通常のモデルチェンジスパンよりは少し遅くなると予想されています。

デザイン

新型フィットのデザインは、まだ情報があまり出てきていません。

ホンダのソリッドウィングフェイス(グリルからヘッドライトまでつながる、翼を広げたようなデザイン)はそのままに、もう少しフロントグリルが大きくなるなど、迫力のあるデザインになると予想されています。

もう少しすると、テスト車両のスクープなどが出てくると思うので、また紹介します。

ハイブリッドシステム

新型フィットには、これまでのi-DCDに変わり、1.5Lのi-MMDハイブリッドシステムが搭載されると予想されています。

i-DCDは、1つのモーターに7速のデュアルクラッチトランスミッションを組み合わせたハイブリッドシステムです。

パワフルかつ、デュアルクラッチトランスミッションのダイレクト感のある走行フィールが特徴で、ライバルのコンパクトカーのハイブリッドよりも実際にかなり速いですね。

その反面、デュアルクラッチトランスミッションの調整が難しかったようで、発売当初には度重なるリコールを出してしまい、ブランドイメージの低下も招いてしまいました。

そういった事情もあってか、今後はコンパクトカークラスにも、アコードなどに採用されている、i-MMDを搭載してく方針のようです。

i-MMDは、2モーター方式で、i-DCDよりもさらにパワフルなハイブリッドシステムです。

走行中は、負荷の高い時を除きモーターのみで走行し、負荷がかかる時のみエンジンも走行に関わるという、日産のe-POWERの上位互換のようなシステムです。

新型フィットには、新型インサイトから搭載される1.5Lエンジンとモーターを組み合わせたi-MMDハイブリッドシステムが搭載されると予想されています。

新型インサイトに搭載される1.5Lハイブリッドシステムのスペックは、最高出力153ps、最大トルク27.2kgmと、かなりのパワーを持っています。

コンパクトカーのフィットには少しパワフルすぎるくらいなので、若干出力は落とされるかもしれませんが、新型フィットハイブリッドも、かなり速い車になりそうです。

また、i-MMDのハイブリッドシステムは、今のところ不具合の話も聞かないので、安心して乗ることができますね。

ターボエンジン

新型フィットには、あたらしく1.0Lのターボエンジンも搭載されると予想されています。

こちらは、シビックの海外向けモデルに搭載されている1.0Lターボエンジンがそのまま搭載されることになるでしょう。

<1.0Lターボエンジン>
最高出力・・・129ps/5500rpm
最大トルク・・・18.4kgm/1700-4500rpm

このエンジンはRS系など、現在1.5Lエンジンが設定されている上位グレード向けに設定されると予想されています。

1.3Lエンジン

フィットは、手頃な価格設定も重要なコンパクトカーですから、引き続き、1.3LのNAエンジンも搭載されると予想されています。

フィットの1.3Lエンジンは、1.3Lながら100psもあって、十分にパワフルです。

<1.3Lエンジン>
最高出力・・・100ps/6000rpm
最大トルク・・・12.1kgm/5000rpm

ハイブリッドでなくとも25km/L近くを達成している、とても優秀なエンジンです。

量販グレードには、このエンジンが搭載されることになるでしょう。

予防安全性能

新型フィットには、引き続きホンダセンシングが搭載されるはずですが、その機能が強化されると予想されています。

現行フィットのホンダセンシングの機能は、以下のとおりです。

・衝突軽減ブレーキ
・誤発進抑制機能
・歩行者事故低減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・アダプティブクルーズコントロール
・車線維持支援システム
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能

コンパクトカーとしては、十分に充実している方です。

新型フィットでは、アダプティブクルーズコントロールが全車速対応になったり、車線変更支援機能が追加されるといった変更が予想されています。

価格

新型フィットの価格は、1.3Lエンジン搭載モデルの価格は現行と同程度なものの、ハイブリッドやターボエンジン搭載モデルの価格は、少し高くなると予想されています。

1.3Lエンジン車・・・145万円程度~

1.0Lターボ車・・・200万円程度~

1.5Lハイブリッド車・・・180万円程度~

これくらいの価格になるでしょう。

また新しい情報が入りましたら、更新します。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

モデューロスタイル情報

発売日

フィットモデューロスタイルの発売日は、2018年8月中と予想されています。

すでに、先行情報ページが公開されています。

モデューロスタイルとは

モデューロスタイルとは、モデューロXとは違い、デザインに特化したカスタムモデルです。

デザインに特化しているということで、ボディやサスペンション、ブレーキの強化などはなく、見た目が派手でスポーティーなモデルだと思っておくと良いでしょう。

トヨタのモデリスタ、TRDのエアロパーツを装着した状態と同じような感じになるはずです。

デザイン

フィット、モデューロスタイルのデザインが公開されています。

fitmodulostylehondacojp.jpg

fitmodulostylehondacojp2.jpg
出典https://www.honda.co.jp/ ”

この画像を見る限り、フロントバンパーにパーツを取り付けるというよりも、フロントバンパー自体が専用で、デザインが異なることが分かります。

結構本格的なカスタムモデルということになりそうです。

価格

フィット、モデューロスタイルの価格は、ベース車両よりも20万円ほど高くなると予想されています。

また新しい情報が入りましたら、更新します。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

2017年マイナーチェンジ情報

発売日

フィット、フィットハイブリッドのマイナーチェンジは、2017年6月29日です。

29日発表→30日発売となります。

フィットは、リコール問題などでモデルチェンジ計画が遅れており、ようやく初のマイナーチェンジとなります。

デザイン

新型フィットは、通常のグレードと、S・RSグレードでエクステリアが大きく差別化されました。

通常のグレード


出典https://www.honda.co.jp/ ”

S・RSグレード


出典https://www.honda.co.jp/ ”

張り出し感のある専用バンパーや、LEDヘッドライトなどにより、スポーティーさを表現したようですが、余計にガンダムっぽくなったとも言われそうですね。

前期型と比べると、結構変わっていることが分かります。
前期型フィット

出典https://www.honda.co.jp/ ”

インテリアでは、シート表皮、セレクトレバーなど、要所要所で質感の向上が図られています。

通常のグレード

fit22.jpg
出典https://www.honda.co.jp/ ”

Sグレード

fit22.jpg
出典https://www.honda.co.jp/ ”

RSグレード

fit23.jpg
出典https://www.honda.co.jp/ ”

プレミアムブラウンインテリア(オプション)

fit10.jpg
出典https://www.honda.co.jp/ ”

カラーラインナップ

カラーは新色が追加され、全12色になりました。

新型フィットのカラーラインナップは、

・プレミアムホワイトパールⅡ
・ルナシルバーメタリック
・シャイニンググレーメタリック
・クリスタルブラックパール
・プレミアムクリスタルレッドメタリック
・ブリリアントスポーティブルーメタリック
・スカイライドブルーメタリック
・ルージュアメジストメタリック
・プレミアムイエローパールⅡ
・サンセットオレンジⅡ
・プレミアムアガットブラウンパール
・ミッドナイトブルービームメタリック

です。

燃費

フィットハイブリッドの燃費は36.4km/Lで、発売当初はクラスNo1でしたが、アクア(37.0km/L)に抜かれ、先日発売されたノートe-POWER(37.2km/L)にも抜かれ、燃費はクラスNo3にまで後退しました。

新型フィットハイブリッドの燃費は、37.2km/Lと、ノートe-POWERと同等にとどまりました。

クラスNo1の低燃費を期待されていただけに、すこし残念かもしれませんが、0.数キロの差は誤差のようなものでしょう。

1.3Lガソリン車の量販グレードのカタログ燃費は同等ですが、加速フィールが良くなったということです。

実燃費にも注目したいところです。

安全装備

安全装備は、比較にならないほど進化します。

旧型フィットには、あんしんパッケージ
・5km/h~30km/hで作動する自動ブレーキ
・サイド、カーテンエアバッグ

が搭載されていました。

一応、低速で作動する自動ブレーキは搭載されていましたが、ガラスが曇っていると動かないなど、あまり評判が良くないものでした。

新型フィットでは、
・5km/L以上の全域で作動する自動ブレーキ
・アダプティブクルーズコントロール
・車線維持支援システム
・路外逸脱抑制機能
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能
・誤発進抑制機能
・歩行者事故低減ステアリング
が搭載された、ホンダセンシングに大きく進化します。

新型フィットには、レジェンドやアコードにも準ずるレベル(一部違いますが)の予防安全機能が搭載されたということです。

あんしんパッケージの評価が低く、ホンダの役員が、絶対に見返してやる。といったようなことを言っていた記憶がありますが、ようやく見返すことができそうです。

ハイブリッド車のトランスミッション

フィットハイブリッドには、DCTと呼ばれるダイレクト感が特徴のミッションが搭載されています。

このミッションの不具合が多く、リコールを連発するという失態を晒してしまいました。

新型フィットハイブリッドでは、このミッションを一新。よりスムースな走りを実現するでしょう。

と、いうよりも、実現してもらわないと困りますね。

リコール問題でブランドイメージに傷がついてしまいましたが、フィットはホンダの重要な量販車の一つです。
マイナーチェンジで、細かな部分が徹底的に改良されることでしょう。

この辺は、これから試乗動画なども出てくることでしょう。

価格

エントリーグレードにはホンダセンシングは標準装備とはならないので、エントリー価格は現行と同程度です。

新型フィットの価格は、

<ガソリン車>
13G・F・・・1,428,840円
13G・Lホンダセンシング・・・1,653,480円
13G・Sホンダセンシング・・・1,790,640円
15XLホンダセンシング・・・1,853,280円
RSホンダセンシング・・・2,050,920円

<ハイブリッド車>
HYBRID・・・1,699,920円
HYBRID・F・・・1,815,480円
HYBRID・Fホンダセンシング・・・2,079,000円
HYBRID・Sホンダセンシング・・・2,205,360円

となりました。

やはり、ホンダセンシングが搭載されたグレードは、少し価格が上がっています。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする