フィット Modulo style(モデューロスタイル)発売日、価格、内装、カラーなど【フィット 新型】

スポンサーリンク

ホンダ、フィット、モデューロスタイルの情報と、モデルチェンジ情報をお伝えします。

モデューロスタイル情報

発売日

フィットモデューロスタイルの発売日は、2018年8月中と予想されています。

すでに、先行情報ページが公開されています。

モデューロスタイルとは

モデューロスタイルとは、モデューロXとは違い、デザインに特化したカスタムモデルです。

デザインに特化しているということで、ボディやサスペンション、ブレーキの強化などはなく、見た目が派手でスポーティーなモデルだと思っておくと良いでしょう。

トヨタのモデリスタ、TRDのエアロパーツを装着した状態と同じような感じになるはずです。

デザイン

フィット、モデューロスタイルのデザインが公開されています。

fitmodulostylehondacojp.jpg出典honda.co.jp

fitmodulostylehondacojp2.jpg出典honda.co.jp

この画像を見る限り、フロントバンパーにパーツを取り付けるというよりも、フロントバンパー自体が専用で、デザインが異なることが分かります。

結構本格的なカスタムモデルということになりそうです。

価格

フィット、モデューロスタイルの価格は、ベース車両よりも20万円ほど高くなると予想されています。

また新しい情報が入りましたら、更新します。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

フルモデルチェンジ予想情報

フィットは、2019年頃フルモデルチェンジが予定されています。

続いて、フルモデルチェンジ予想情報をお伝えします。

デザイン

ボディのシルエット自体は、現行フィットを継承するでしょう。

fit2.jpg出典honda.co.jp

最近のホンダは、エキサイティングHデザインというデザインコンセプトの元、開発されていますが、新型ステップワゴンなど、存在感がなく不評な面が否めません。

次期フィットのデザインは、フロントグリルを大きく取るなど、存在感のあるデザインになるよう、開発されているようです。

フィットハイブリッド

次期フィットのハイブリッドシステムは、基本的には現行と同じ、1.5L+モーターのシステムになるでしょう。

しかし、エンジン、モーター、バッテリー制御など、全面的に改良し、燃費40km/Lに迫る数値になると予想されています。

また、フィットハイブリッドのフルモデルチェンジの前に、アクアのフルモデルチェンジが予定されています。

ハイブリッドカーで最も大切なのは燃費なので、アクアの燃費を上回ることができるように、鋭意開発されるでしょう。

フィットターボ

次期フィットには、ダウンサイジングターボエンジンも搭載されるという情報があります。

直3、1.0Lターボエンジンを搭載し、1.5L並の加速力と燃費を両立します。

燃費は、30km/Lを超えてくる見込みで、ハイブリッドではなくても十分な低燃費です。

このエンジンは、先にフリードに搭載されるでしょうから、そちらにも注目です。

価格

価格は、ハイブリッドは、現行と同程度、1.0Lターボ車は、現行1.3L車よりも若干高い設定になると予想されています。

具体的には、
フィットハイブリッドは、175万円程度~
フィットターボは、140万円程度~と予想されています。

高級。とまでは言いませんが、ちょっと上質なコンパクトカーを目指して開発されているようです。

また、新しい情報が入りましたら、更新します。

スポンサーリンク

2017年マイナーチェンジ情報

発売日

フィット、フィットハイブリッドのマイナーチェンジは、2017年6月29日です。

29日発表→30日発売となります。

フィットは、リコール問題などでモデルチェンジ計画が遅れており、ようやく初のマイナーチェンジとなります。

デザイン

新型フィットは、通常のグレードと、S・RSグレードでエクステリアが大きく差別化されました。

通常のグレード
fit16.jpg

fit18.jpg

S・RSグレード
fit9.jpg出典:honda.co.jp

fit17.jpg出典:honda.co.jp

張り出し感のある専用バンパーや、LEDヘッドライトなどにより、スポーティーさを表現したようですが、余計にガンダムっぽくなったとも言われそうですね。

前期型と比べると、結構変わっていることが分かります。
現行フィット
fit2_20160623224744458.jpg出典:honda.co.jp

インテリアでは、シート表皮、セレクトレバーなど、要所要所で質感の向上が図られています。

通常のグレード
fit22.jpg出典:honda.co.jp

Sグレード
fit22.jpg出典:honda.co.jp

RSグレード
fit23.jpg出典:honda.co.jp

プレミアムブラウンインテリア(オプション)
fit10.jpg出典:honda.co.jp

カラーラインナップ

カラーは新色が追加され、全12色になりました。

新型フィットのカラーラインナップは、

・プレミアムホワイトパールⅡ
・ルナシルバーメタリック
・シャイニンググレーメタリック
・クリスタルブラックパール
・プレミアムクリスタルレッドメタリック
・ブリリアントスポーティブルーメタリック
・スカイライドブルーメタリック
・ルージュアメジストメタリック
・プレミアムイエローパールⅡ
・サンセットオレンジⅡ
・プレミアムアガットブラウンパール
・ミッドナイトブルービームメタリック

です。

燃費

フィットハイブリッドの燃費は36.4km/Lで、発売当初はクラスNo1でしたが、アクア(37.0km/L)に抜かれ、先日発売されたノートe-POWER(37.2km/L)にも抜かれ、燃費はクラスNo3にまで後退しました。

新型フィットハイブリッドの燃費は、37.2km/Lと、ノートe-POWERと同等にとどまりました。

クラスNo1の低燃費を期待されていただけに、すこし残念かもしれませんが、0.数キロの差は誤差のようなものでしょう。

1.3Lガソリン車の量販グレードのカタログ燃費は同等ですが、加速フィールが良くなったということです。

実燃費にも注目したいところです。

安全装備

安全装備は、比較にならないほど進化します。

旧型フィットには、あんしんパッケージ
・5km/h~30km/hで作動する自動ブレーキ
・サイド、カーテンエアバッグ

が搭載されていました。

一応、低速で作動する自動ブレーキは搭載されていましたが、ガラスが曇っていると動かないなど、あまり評判が良くないものでした。

新型フィットでは、
・5km/L以上の全域で作動する自動ブレーキ
・アダプティブクルーズコントロール
・車線維持支援システム
・路外逸脱抑制機能
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能
・誤発進抑制機能
・歩行者事故低減ステアリング
が搭載された、ホンダセンシングに大きく進化します。

新型フィットには、レジェンドやアコードにも準ずるレベル(一部違いますが)の予防安全機能が搭載されたということです。

あんしんパッケージの評価が低く、ホンダの役員が、絶対に見返してやる。といったようなことを言っていた記憶がありますが、ようやく見返すことができそうです。

ハイブリッド車のトランスミッション

フィットハイブリッドには、DCTと呼ばれるダイレクト感が特徴のミッションが搭載されています。

このミッションの不具合が多く、リコールを連発するという失態を晒してしまいました。

新型フィットハイブリッドでは、このミッションを一新。よりスムースな走りを実現するでしょう。

と、いうよりも、実現してもらわないと困りますね。

リコール問題でブランドイメージに傷がついてしまいましたが、フィットはホンダの重要な量販車の一つです。
マイナーチェンジで、細かな部分が徹底的に改良されることでしょう。

この辺は、これから試乗動画なども出てくることでしょう。

価格

エントリーグレードにはホンダセンシングは標準装備とはならないので、エントリー価格は現行と同程度です。

新型フィットの価格は、

<ガソリン車>
13G・F・・・1,428,840円
13G・Lホンダセンシング・・・1,653,480円
13G・Sホンダセンシング・・・1,790,640円
15XLホンダセンシング・・・1,853,280円
RSホンダセンシング・・・2,050,920円

<ハイブリッド車>
HYBRID・・・1,699,920円
HYBRID・F・・・1,815,480円
HYBRID・Fホンダセンシング・・・2,079,000円
HYBRID・Sホンダセンシング・・・2,205,360円

となりました。

やはり、ホンダセンシングが搭載されたグレードは、少し価格が上がっています。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

出典表記のない画像はホンダHPから引用



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする