スポンサーリンク


日産、ティアナが2016年にマイナーチェンジされ、新型となります。

新型ティアナのマイナーチェンジは、デザイン面が中心のモデルチェンジとなります。

予想されるデザインイメージは、

makisima.jpg

これは、アメリカで販売されている、マキシマという車ですが、新型ティアナも、似たようなデザインになるようです。

ちなみに、ティアナもアメリカで販売されているアルティマという車で、正直、日本国内ではそれほど力を入れて販売するつもりはありません。

ハイブリッドも設定されず、パワートレインは現行と同じ、直4、2.5Lエンジンのみとなります。

アメリカ向けには、V6、3.5Lエンジンも設定されます。

現行ティアナの燃費は、14.4km/Lですが、15km/L程度には改善されるかもしれませんね。

このサイズのガソリン車としては悪くないでしょう。

このクラスは、トヨタ・カムリ、ホンダ・アコード共にハイブリッド専用車になっていますので、ガソリン車が欲しいという方に一定のニーズはあるのでしょうか。

新型ティアナの発売時期は、2016年4月頃と予想されています。

※追記
新型ティアナには、自動ブレーキが搭載されることが判明しました。

ティアナの車格を考えるとようやくか。という感もありますが、
日産は、全車種に自動ブレーキを標準装備するという計画を発表しており、その一環ですね。

今回も、アメリカが主戦場ということで、日本での販売台数は月販1000台程度の設定となるでしょう。

スポンサーリンク


■無料一括見積もりサイトの紹介です。
全120社以上の中から、最高額で買い取ってくれる買取店を探せるサイトです。
入力は、1分程度なので、是非一度試してみてください。
一例として、プリウスなら、45万円も高い査定が付きました!
査定をするなら、以下のリンクからお願いします。
 カテゴリ
 タグ
None