スポンサーリンク


マツダ、MPVのフルモデルチェンジ情報をお伝えします。

MPVは、マツダのフラッグシップミニバンで、現行は2006年に登場しました。
しかし、マツダは、ミニバンが弱いですね。
トヨタ、ホンダ、日産の三強の間に割って入る隙もありません。

今回の新型MPVで、ミニバンにもマツダらしさ(デザイン、走り)をアピールして、一定のニーズをつかむ方向です。

デザイン面では、先日、新しいデザインコンセプト、越-KOERU-が発表されました。

koeru.jpg

こちらは、CX-9(マツダ最大のSUV)のコンセプトなので、MPVとは少し異なりますが、マツダの最新のコンセプトです。

新型MPVにも、魂動デザインが採用され、スタイリッシュなデザインとなります。


また、好評の2.2Lクリーンディーゼルエンジンも搭載され、走りの面でも他社と差別化してきます。

ガソリンエンジンの方も、現在は、2.3Lエンジンを搭載していますが、2.5Lに排気量がアップされ、走りが強化されるようです。

もちろん、その他ミッションなど含めてフルスカイアクティブ化されて、燃費も向上します。

ちなみに、マツダのもう一つのミニバン、ビアンテは逆に小型化され、5ナンバーに収まる方向で検討されているとのことです。
こちらの情報も、またお伝えします。

新型MPVについて、新しい情報が入りましたら、また更新します。

スポンサーリンク


■無料一括見積もりサイトの紹介です。
全120社以上の中から、最高額で買い取ってくれる買取店を探せるサイトです。
入力は、1分程度なので、是非一度試してみてください。
一例として、プリウスなら、45万円も高い査定が付きました!
査定をするなら、以下のリンクからお願いします。
 カテゴリ
 タグ
None