スポンサーリンク


トヨタ、アクアのモデルチェンジ情報をお伝えします。

2017年1月、ヴィッツにアクアと同じシステムを搭載したハイブリッドが登場したため、ヴィッツとの差別化を図るために2017年中にマイナーチェンジが実施されます。

その後、2019年頃にフルモデルチェンジが実施されるでしょう。

アクアのマイナーチェンジ、フルモデルチェンジ情報をそれぞれお伝えします。

■もくじ
マイナーチェンジ情報
・発売日
・デザイン
・カラーラインナップ
・クロスオーバー登場
・燃費
・価格
・オプション価格
・YouTube動画
・車の買い替えを検討中の方へ

フルモデルチェンジ情報
・燃費
・走り
・安全性
・価格


- - - - - - - -マイナーチェンジ情報- - - - - - - -

発売日

アクアのマイナーチェンジは、2017年6月19日です。

ベースモデルの発売日は同日で、クロスオーバーの発売日は7月です。

デザイン

今回のマイナーチェンジでは、エクステリア、インテリアがリフレッシュされました。

ヴィッツにもハイブリッドが追加されたため、ヴィッツハイブリッドよりも上質さをアピールする方針のようです。

主な変更点は、

<エクステリア>
・ヘッドライトデザイン変更
・フロントバンパーデザイン変更
・ボンネット形状変更
・アルミホイールデザイン変更

aqua4_20170620063024118.jpg

aqua5.jpg <インテリア>
・マルチインフォメーションディスプレイが標準装備に
・ステアリングスイッチが標準装備に
・センタークラスターメッキ加飾
・カップホルダーメッキ加飾
・エアコン吹き出し口形状変更
・イモビライザーが標準装備に

aqua6.jpg

カラーラインナップ

マイナーチェンジで、カラーラインナップが変更されます。

<新色>
・クリアエメラルドパールクリスタルシャイン
・ジュエリーパープルマイカメタリック
・ベージュ

<廃止色>
・フレッシュグリーンマイカメタリック
・クールソーダメタリック
・ディープアメジストマイカメタリック

で、

ラインナップは、

モノトーンが
・スーパーホワイトⅡ
・ライムホワイトパールクリスタルシャイン
・シルバーメタリック
・グレーメタリック
・ブラックマイカ
・ブラッキッシュアゲハガラスフレーク
・スーパーレッドV
・ベージュ
・オレンジパールクリスタルシャイン
・イエロー
・フレッシュグリーンマイカメタリック
・クリアエメラルドパールクリスタルシャイン
・ブルーメタリック
・ジュエリーパープルマイカメタリック

ツートンカラーが、
・スーパーレッドV×スティールブロンドメタリック
・ブラッキッシュアゲハガラスフレーク×スティールブロンドメタリック
・ライムホワイトパールクリスタルシャイン×カッパーメタリック
・ライムホワイトパールクリスタルシャイン×エアーイエロー

全18色の豊富なカラーラインナップです。

燃費

マイナーチェンジでは、基本的なパワートレインは変わらりませんが、小改良により若干燃費が向上します。

新型アクアの燃費は、38km/Lとなり、クラスNo1を奪還しました。(Lグレードのみ)

Lグレード以外の燃費は重量アップに伴って34.4km/Lとなりますが、実燃費は若干向上するということです。

X-URBANはクロスオーバーに

アクアX-URBANは、クロスオーバーと名前が変更されます。

デザインも、よりクロスオーバーらしさを強調するため、現在X-URBAN ソリッドに装備されているような、ブラックの泥除けが標準となります。

アクア クロスオーバー
aquac.jpg

aquac2.jpg

価格

新型アクアのグレード別価格を紹介します。

L・・・1,785,240円
S・・・1,886,760円
G・・・2,062,800円
Gブラックソフトレザーセレクション・・・2,090,291円
クロスオーバー・・・2,062,800円

現行と比較して、同等~5万円ほどアップとなります。

オプション価格

装備の変更に伴って、オプション価格も一部変更されます。

ナビレディパッケージ・・・208,080円
スマートエントリーパッケージ・・・43,200円
クロスオーバー15インチタイヤ・・・-15,120円

ナビレディパッケージは、ステアリングスイッチが標準装備になるので値下げ、スマートエントリーパッケージは、イモビライザーが標準装備になるので、値下げされます。

詳しい情報が入りましたら、また更新します。

YouTube動画

YouTube動画を作ってみました。

暇な時にでも見てみて下さい。



車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>愛車の最高価格を知る!最短30秒で入力完了

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク


- - - - - - - -フルモデルチェンジ情報- - - - - - - -

燃費

アクアで気になる点といえば、やはり燃費ですよね。

次期アクアでは、なんと45km/Lを達成してくるのではないかと言われています。

ちょうど、新型プリウスが40km/L達成ということで話題になっていますが、それを上回る数値ですね。

現行アクアは、2代目プリウスのシステムを流用したシステムを使用していますが、次期アクアでは、3代目プリウスの流用ではなく、1.5L+モーターはそのままに、4代目新型プリウスにの採用された最新の技術を取り込んでの開発となるようです。

走り

次期アクアには、TNGAプラットフォームが採用されるでしょう。

TNGAとは、トヨタニューグローバルアーキテクチャの略で、新型プリウスから採用されました。

TNGAは、ボディの大きさ別に4つのプラットフォームが用意され、それぞれのボディサイズに合わせて出来るだけプラットフォームを共有するというものです。

アクアには、新型プリウスよりもひとつ下のBプラットフォームが採用されます。

元々低重心のアクアですが、TNGAの採用により、更に低重心になり、ボディ剛性も上がることで、走りや乗り心地の向上に期待できそうです。

安全性

現行から引き続き、トヨタセーフティセンスCが搭載されるでしょう。

トヨタセーフティセンスCには、
・プリクラッシュセーフティシステム
・レーンディパーチャーアラート
・オートマチックハイビーム

が搭載されます。

価格

次期アクアの価格は、

ベースグレードで190万円前後になるでしょう。

燃費や車自体の仕上がりも良くなるでしょうから、納得される価格ではないでしょうか。

エコカーの分野では、マツダがディーゼルハイブリッドを活用して50km/Lを目標に掲げるなど、燃費競争はとどまることがありませんね。

新型アクアの画像など、新しい情報が入りましたら、また更新します。

スポンサーリンク


画像はトヨタHPより引用
 カテゴリ
 タグ
None