スポンサーリンク


ダイムラーから、新型スマートフォーツーが発売されます。

新型スマートフォーツーは、一足早く欧州で発表されましたので、詳しい情報をお伝えします。

新型スマートフォーツーは、ルノー、トゥインゴの兄弟車という位置付けで、エンジンなどを共有しています。

デザインは、こんな感じ。

smart_20151005163909dc7.jpg

スマートの一番の特徴といえば、コンパクトさです。

新型スマートは、最小回転半径が3.5mと、先代よりも更に小回りがきくようになっています。
ちなみに、軽自動車のアルトの最小回転半径は、4.6mなので、3,5mという数値がどれだけ小さいか、お分かりでしょう。

サイズは、全長2690mm、全幅1660mm、全高1550mmです。

こちらも比較として、アルトは全長3395mm×全幅1255mm、全高1215mmです。

特に、全幅が軽自動車規格の制限がないため、ゆとりがありますね。

搭載されるエンジンは、直3、1.0Lエンジンで、
最高出力71ps
最大トルク・・・91Nmを発揮します。

これも、軽自動車のターボエンジンよりもパワーがありますね。

カラーラインナップは、
・クリスタルホワイト×ホワイト
・クリスタルホワイト×ブラック
・ディープブラック×ブラック
・クールシルバーメタリック×シルバー
・ミッドナイトブルーメタリック×ホワイト
・ラパオレンジメタリック×ブラック
・サファイアレッドメタリック×ブラック
・イエローメタリック×ホワイト の8種類です。

特別仕様車エディション1の価格は、
ラパオレンジメタリック・・・209万円
ミッドナイトブルー・・・204万円

以上のようになっています。

新型スマートフォーツーに続き、4人乗りのスマートフォーフォーも2016年初頭に日本発売予定です。
新型スマートフォーフォーの最新情報は、こちらからどうぞ。
新型 スマートフォーフォー 日本発売は2016年!価格、サイズなど。

スポンサーリンク


■新型スマートフォーツーを検討中の方へ
全120社以上の中から、最高額で買い取ってくれる買取店を探せるサイトです。
入力は、1分程度なので、是非一度試してみてください。
一例として、プリウスなら、45万円も高い査定が付きました!
査定をするなら、以下のリンクからお願いします。
 カテゴリ
 タグ
None