スポンサーリンク


トヨタは、東京モーターショー2015で、S-FRをワールドプレミアします。

S-FRのSは、スモール、FRは駆動方式を表し、コンパクトなFRスポーツカー。という意味です。

デザイン
sfrtoyotanewsroom1.jpg出典newsroom.toyota.co.jp

sfrtoyotanewsroof2.jpg出典newsroom.toyota.co.jp

sfrtoyotanewsroom3.jpg出典newsroom.toyota.co.jp

エクステリアは、丸いヘッドライトに丸みを帯びたグリルと、愛嬌のある顔つきになっています。

そんな中でも、ヘッドライトの上の部分がカットされていることにより、睨みを効かせたような顔つきにも見えます。

リヤも、丸みを帯びたお尻。といった印象ですね。

ダイハツ、コペンにも似た印象を受けます。


sfrtoyotanewsroom4.jpg出典newsroom.toyota.co.jp

インテリアは、シンプルに仕上げられています。

販売価格を抑え、若者にもスポーツカーを届けたい。という声がこちらにも届いてくるようです。


サイズは、
全長3,990mm×全幅1,695mm×全高1,320mmで、ホイールベースは2,480mmです。

全幅が1,695mmで出されているあたり、5ナンバーで市販されることを示唆していますね。

ちなみに、マツダ、ロードスターのサイズは、
全長3,915mm×全幅1,735mm×全高1,235mmです。

S-FRは、6速MTになるということです。
MTが用意されるということは、パワートレインなどは、まだ発表されていませんが、ハイブリッドではなく、ガソリン車になると予想されます。

サイズ的に、1.5Lクラスのエンジンが搭載されることでしょう。

ちょうど、ロードスターがライバルになりますね。

S-FRは、2017年中の市販が計画されており、価格は、200万円台前半になると予想されています。

また、新しい情報が入りましたら、更新します。

スポンサーリンク


■車の乗り換えを検討中の方へ
全120社以上の中から、最高額で買い取ってくれる買取店を探せるサイトです。
入力は、1分程度なので、是非一度試してみてください。
一例として、プリウスなら、45万円も高い査定が付きました!
査定をするなら、以下のリンクからお願いします。
 カテゴリ
 タグ
None