新型 デリカD5 モデルチェンジ発表情報 発売日、画像、スペック、価格予想。ターボ登場か。

スポンサーリンク

三菱のミニバン、デリカD5のモデルチェンジ情報をお伝えします。

発売時期

新型デリカD5の発売時期は、2018年末ごろになると予想されています。

2017年度中にフルモデルチェンジする方針のようなので、2018年3月までにはフルモデルチェンジされるでしょう。

燃費不正問題により、当初の予定よりもずいぶん遅れました。

フルモデルチェンジの前に、歩行者保護に対応する改良が2018年前半に実施される予定です。

デザイン

新型デリカD5のフロントマスクには、ダイナミックシールドが採用されると予想されています。

テスト走行の様子が撮影されています。
Mitsubishi-Delica-1.jpg

Mitsubishi-Delica-4.jpg

Mitsubishi-Delica-9.jpg出典Carscoops

フロントマスク上部の細長いライトの光り方からして、ダイナミックシールドが採用されていそうです。

下の大きなライトがヘッドライトでしょうか。

次期デリカD5は、日産セレナと車台を共有するのでは?などと言われていましたが、この時期でここまで開発が進んでいるのなら、少なくとも次期型ではそういうことはなさそうです。

新型デリカD5のデザインCGが紹介されています。
ダイナミックシールドが採用されるなら、こんなデザインになるだろうな。という感じです。

2013年の東京モーターショーで、次期デリカD5のコンセプトモデルであるコンセプトARが出品されました。

conceptar-mitsubisioff.jpg出典三菱自動車HP

2013年時点でのコンセプトカーなので、市販車のデザインとはずいぶん離れているでしょうが、ダイナミックシールドを採用する。という方向性は汲み取ることが出来ます。

パワートレイン

新型デリカD5のパワートレインは、クリーンディーゼルエンジンと、エクリプスクロスにも搭載された、1.5Lターボエンジンの2本立てになると予想されています。

エンジン自体が刷新されるわけではないので、スペックは似たような感じになりますが、燃費は改良によって向上するでしょう。

新型デリカD5 予想スペック

<2.2Lディーゼル>
最高出力・・・148ps/3500rpm
最大トルク・・・36.7kgm/3500rpm
燃費・・・14km/L

<1.5Lターボ>
最高出力・・・150ps/5500rpm
最大トルク・・・24.5kgm/2000-3500rpm
燃費・・・13km/L

1.5Lターボエンジン投入にともなって、2.0Lガソリンエンジンと、2.4Lガソリンエンジンは廃止されると予想されています。

<2.0Lガソリン>
最高出力・・・150ps/6000rpm
最大トルク・・・19.4kgm/4200rpm

<2.4Lガソリン>
最高出力・・・170ps/6000rpm
最大トルク・・・23.0kgm

1.5Lターボエンジンは、2.0Lガソリンエンジンと2.4Lガソリンエンジンの中間のパワー感となるでしょう。

一時期はプラグインハイブリッドが搭載されるのでは?といった情報も出ていましたが、当面なさそうです。

予防安全機能

新型デリカD5には、自動ブレーキなど、最新の予防安全機能が搭載されるでしょう。

搭載が予想されている機能は、アウトランダーに搭載されているものと同等に、「e-Assist」です。

その機能は、

・歩行者検知衝突被害軽減ブレーキシステム
・レーダークルーズコントロールシステム
・オートマチックハイビーム
・車線逸脱警報システム
・後側方車両検知警報システム
・後退時車両検知警報システム

です。

現行デリカD5には、自動ブレーキなどの予防安全機能が一切搭載されていませんでしたので、ようやくの採用となります。

価格

新型デリカD5の価格は、現行よりも少し高くなり、

クリーンディゼル車・・・360万円~

程度になるでしょう。

また新しい情報が入りましたら、更新します。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

歴代デリカ

デリカは、1969年から販売されている結構歴史のある車です。

ここで簡単に、乗用車モデルの歴代デリカを紹介します。

■初代デリカ(1969年~1976年)

出典www.mitsubishi-motors.com

全長3,860mm×全幅1,540mm×全高1,795mm

初代デリカは、商用車のデリカバンをベースとした9人乗りの乗用車として発売されました。

今でこそ、デリカといえば、少し大きなミニバンで、山道も走れそうなイメージがありますが、初代デリカは全然そんなことはなく、見るからに商用車そのままでした。

デリカという名前は、デリバリーカー(物を運ぶための車)から来ているので、商用車っぽいのは当然といえば当然ですが。

ボディサイズも、今のフリードやシエンタよりも小さく、これに9人のるのは、かなりツラかったのではないでしょうか。

搭載されていたエンジンも1.1Lと小さく、フル乗車したときの加速は、想像もしたくありません。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする