日産 ラティオ 生産終了へ。日本販売終了で、海外専用車に。

日産のセダン、ラティオの日本国内での販売が終了するようです。

ラティオは、ティーダ・ラティオの後継車として、トヨタ、カローラのライバルに当たるセダンです。

ティーダ・ラティオはそこそこ健闘していたのですが、現行ラティオは、マーチと同じくタイ製となり、販売が伸び悩んでいました。

ライバルである、トヨタ・カローラや、ホンダ・グレイスにはどちらもハイブリッドが設定されていますが、ラティオには設定がありません。

元々、東南アジア向けの車を日本へ持ってきただけという感じなので、ライバル車と比較してもどうしても見劣りするのが現実でした。

日産は、今後も海外市場を重視する方針に変わりないようです。
それで、業績を伸ばしているわけですから、間違いはないのでしょうが。

ラティオのキャッチフレーズに、「大人の夫婦が旅するセダン」というものがありました。
個人的には、ティアナならまだしも、1.2Lのこの車にこのキャッチフレーズはどうなの?と思っていましたが、案の定売れませんでしたね。

ラティオの国内販売は、今年夏頃までとなる予定です。

ラティオが欲しいという方がいれば、お早めにどうぞ。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする