スポンサーリンク


三菱、ekスペースのマイナーチェンジ情報をお伝えします。

ekスペースのマイナーチェンジ時期は、日産、デイズルークスと同じく、2016年4月頃です。

デザインや装備など、デイズルークスとは異なる部分がありますので、紹介しましょう。

まず、デザインは、カスタムを中心に大きく変わります。

現在のデザインは、どちらかというとデリカD5に似たデザインだったのですが、新型EKスペースカスタムは、メッキがドン!と、これでもかというくらい配置されます。

eksoff1.jpg出典三菱自動車HP

最近の軽自動車のカスタム系は、どんどんギラギラした感じになっているのは事実ですが、どうせならやれるところまでやってしまおう!といった意志が感じ取れますね。


ダイナミックシールドとも違うデザインです。


続いて、装備について。

日産、デイズルークスには、オートマチックハイビームやスマートルームミラーなどが搭載されるとお伝えしましたが、三菱、ekカスタムには搭載されない可能性が高いです。

これは、日産が技術の先進性をアピールする為だと言われています。

過去にも、デイズにはアラウンドビューモニターが搭載されましたが、ekワゴンには搭載されないなどの例がありました。

その他、燃費やサイズ、スペックなどは、基本的にデイズルークスと同じです。

また、新しい情報が入りましたら、更新します。

スポンサーリンク


■新型ekスペースを検討中の方へ。
全120社以上の中から、最高額で買い取ってくれる買取店を探せるサイトです。
入力は、1分程度なので、是非一度試してみてください。
一例として、プリウスなら、45万円も高い査定が付きました!
新型フィットは少し値上がりしていますが、その差額くらいは下取り額で回収できるかもしれません。
 カテゴリ
 タグ
None