RAV4 販売終了へ。後継車はC-HR 【新型RAV4】

トヨタ、RAV4の日本国内での販売が終了します。

1994年から販売され、現在4代目となっているRAV4ですが、日本では3代目が販売されたまま、フルモデルチェンジされていませんでした。

日本版RAV4(3代目)

3代目RAV4のデザインは、一昔まえのトヨタ風で、可もなく不可もなく、無味無臭といったところです。

最近の車と比較すると、インパクトに欠けるともいえます。

海外向けRAV4(4代目)

4代目RAV4は、トヨタのデザインコンセプト、キーンルックに則ったデザインになっています。

2.0Lガソリンエンジン、2.5Lガソリンエンジン、2.0Lディーゼルエンジン、2.2Lディーゼルエンジンがラインナップされています。

ちなみに、4代目RAV4は、2013年にフルモデルチェンジされ、2016年にはマイナーチェンジを迎えます。
このくらいのサイズになってくると、日本では高級感が求められ、ハリアーやレクサスNXの好調につながっているのでしょうか。

最近の月間販売台数は100台程度で、販売は非常に低迷しています。

RAV4は、海外での販売は好調で、特に北米では主力車種の一つとなっています。
今後は、海外専用車として今後も生産が続けられることになります。

日本では、C-HRがRAV4の後継車という位置づけとなり、2016年12月の発売予定です。

C-HRの最新情報は、こちらをご覧ください。
トヨタ C-HR 発売日は2016年12月!価格など最新情報!【C-HR 内装】



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする