トヨタ コースター モデルチェンジで自動ブレーキ搭載へ。【マイクロバス】

今回は、ちょっと変わってマイクロバス、トヨタコースターのモデルチェンジ情報をお伝えします。

トヨタ、コースターは、現行型が1992年に登場してから、なんと24年間もフルモデルチェンジされていません。

これは、商用車としても長いモデルライフとなります。

これが、2017年、25年ぶりにフルモデルチェンジされるという情報が入ってきました。

デザインでは、現行型は、いかにも昔ながらのバス。といった感じのフロントマスクでした。

デザインは、フロントマスクがトヨタおなじみのキーンルックに。

とはいえ、万人受けしなければならないバスなので、あまりにいかつい顔になるのではなく、若干シャープな目つきになるといった程度のものになりそうです。

また、自動ブレーキも搭載されます。

現行型は、1992年のモデルなので、当然自動ブレーキもなにも搭載されていません。

一般向けの車ではないので、トヨタセーフティセンスという名称になるかは分かりませんが、
・自動ブレーキ
・車線逸脱警報

などが搭載されると言われています。

幼稚園バスなどにもよく使われるコースターなので、安全性の向上は嬉しいことですね。

更に、車両剛性がアップし、走り・・・といっては大げさですが、走りとともに衝突安全性も向上します。

また、新しい情報が入りましたら、更新します。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする