レヴォーグ STI カタログ情報。価格、発売日、画像、スペックなど【レヴォーグSTIスポーツ】

スポンサーリンク

スバル、レヴォーグSTIスポーツのカタログ情報をお伝えします。

発売日

レヴォーグSTIスポーツは、2016年7月1日に発表予定です。

デザイン

エクステリア
levorgstioff1.jpg出典スバルHP

インテリア
levorgstioff3.jpg出典スバルHP

levorgstioff2.jpg出典スバルHP

カラーラインナップ

・クリスタルホワイトパール(+32,400円)
・アイスシルバーメタリック
・ダークグレーメタリック
・クリスタルブラックシリカ
・ピュアレッド
・スティールブルーグレーメタリック
・ラピスブルーパール
・WRブルーパール(STIスポーツ専用色)

装備

レヴォーグSTIスポーツ専用の装備が数多くあります。
・アイサイトver3
・アドバンスセイフティパッケージ
・専用18インチアルミホイール(ダークグレー+切削光輝)
・専用チューニングビルシュタインストラット&コイルスプリング
・専用チューニングビルシュタインリヤダンパー&コイルスプリング
・専用LEDフロントフォグランプ
・専用本革巻シフトレバー(レッドステッチ+高触感革)
・専用本革巻きステアリングホイール(レッドステッチ+高触感革)
・専用クランプスティフナー付電動パワーステアリング
・専用マルチインフォメーションディスプレイ付きレッドルミネセントメーター
・専用本革シート(ボルドー&ブラック)
・専用フロントバンパー
・専用大型マフラーカッター

価格

レヴォーグSTIスポーツは、最上級グレードなので、各排気量のなかで最も高価なグレードになります。
1.6STI Sport EyeSight・・・3,488,400円

2.0STI Sport EyeSight・・・3,942,000円

MTの設定はありません。

スペック

STIというと、パワフルなエンジンが搭載されるというイメージが有りますが、レヴォーグSTIスポーツのエンジンは、その他のレヴォーグと同じです。

2.0Lターボエンジンのスペックは、
最高出力・・・300ps/5,600rpm
最大トルク・・・40.8kgm/2,000-4,800rpm

1.6Lターボエンジンのスペックは、
最高出力・・・170ps/4,800-5,600rpm
最大トルク・・・25.5kgm/1,800-4,800rpm

主なオプション価格

レヴォーグSTIスポーツ専用のカスタムパーツもラインナップされています。
・カラードナンバープレートベース・・・12,960円
・ナンバープレートロック・・・3,240円
・ホイールロックセット・・・7,560円
・フロアカーペット(STIロゴ入り)・・・36,180円
・LEDアクセサリーライナー・・・55,040円
・エアロスプラッシュ・・・35,640円
・ドアバイザー・・・18,360円
・STIスタイルパッケージ(エアロパーツのセット)・・・184,680円
・パネルキット(インテリアパネルのセット)・・・63,720円

おまけ

公式ティザーサイトも公開されました。
http://www.subaru.jp/levorg/sti/

動画もアップされています。
限定公開になっているので、公式サイトから見に行ってください。

各開発者の気になる発言をピックアップしてみました。
渋谷氏「スポーツ性能と動的な質感を高いところで両立させたい。」
福田氏「しなやかかつ、車体の動きを抑えられる車になっていると思う。」
熊谷氏「今のレヴォーグよりももっとワイドで低重心だなという表現をしたかった。」
中村氏「リアルなスポーツフィーリングを車の中に入れながら、質感を一緒に合体させる。」
中村氏「普段使いにフィットできるボルドーの内装を採用」
熊谷氏「ダンプマチック2というダンパーを採用。微小な入力に対しては素早く吸収する。大きな入力には、しっかりと突っ張る。」
熊谷氏「レヴォーグのカタログモデルの最上級モデルとして、今までよりも買いやすいSTIです。」
新型レヴォーグSTIスポーツは、
・これまでのSTIと比べると走りよりも質感を重視した。
・内装にはボルドーを採用。
・価格は、これまでのSTIよりはお手頃。

だということが分かりますね。

これまでとはちょっと違った方向性のレヴヴォーグSITスポーツ。
その仕上がりが楽しみです。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする