スポンサーリンク


メルセデス・ベンツCクラスのフェイスリフトが、2017年3月頃に実施されます。

今回のフェイスリフトで、Cクラスにも最新技術が搭載されるでしょう。

デザイン

エクステリアは、ほとんど変更がありません。
新型Cクラスのテスト走行の様子が撮影されています。

エクステリア
benzc_2017012918095118d.jpg

benzc2.jpg出典motorauthority.com

現行Cクラスと比較すると、フロントグリルの開口部にメッシュが追加されていることがわかります。

リヤはほとんど変わっていません。

現行Cクラスは世界的にも販売が好調で、デザインを大きく変える必要はない。との判断でしょう。

インテリアもキープコンセプトです。

benzc4.jpg出典:carscoops

アナログ時計がなくなっていることや、コマンドコントローラー周りが若干変更されていることがわかります。

インテリアは大きな変更が予想されていましたが、それはフルモデルチェンジまで持ち越しのようです。

最新技術

新型Cクラスには、Eクラスに搭載されたマルチビームLEDヘッドライトが搭載されるでしょう。

マルチビームLEDヘッドライトとは、ステレオカメラで前方の交通状況を検知し、片側24個のLEDを制御し、他のドライバーを幻惑することなくより広い範囲を明るく照射し続けるシステムです。

ヘッドライト周りのデザインが変わるのは、この機能が搭載されることも関係しています。

最近は、アウディをはじめ、採用が広がっています。

メルセデス・ベンツでは、新型Eクラスに、車線変更も可能な自動運転機能が搭載されたことが話題となりましたが、今回のマイナーチェンジでは搭載されないでしょう。

フルモデルチェンジに期待です。

パワートレイン

パワートレインに大きな変更はないでしょう。

日本で発売されるのは、

・C180
直4、1.6Lターボエンジン
最高出力・・・156ps
最大トルク・・・25.5kgm

・C200
直4、2.0Lターボエンジン
最高出力・・・184ps
最大トルク・・・30.6kgm

・C250
直4、2.0Lターボエンジン
最高出力・・・211ps
最大トルク・・・35.7kgm

・C220d
直4、2.2Lディーゼルターボエンジン
最高出力・・・170ps
最大トルク・・・40.8kgm

・AMG C43
V6、3Lツインターボエンジン
最高出力・・・367ps
最大トルク・・・53.0kgm

・AMG C63
V8、4Lツインターボエンジン
最高出力・・・476ps
最大トルク・・・66.3kgm

・AMG C63 S
V8、4Lツインターボエンジン
最高出力・・・510ps
最大トルク・・・71.4kgm

となるでしょう。

マイナーチェンジを機に、新型Eクラスから搭載された最新のクリーンディーゼルエンジンが搭載される可能性もあります。

価格

新型Cクラスの価格は、変更点が少ないこともあり、現行と同程度になると予想されています。

C180・・・440万円
C200・・・550万円
C220d・・・570万円
C250・・・670万円

程度になると予想されています。

トランプ大統領の就任により為替相場が大きく変動しているので、為替相場次第では価格が数十万円単位で変わってくる可能性もあります。

また、新しい情報が入りましたら、更新します。

車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>愛車の最高価格を知る!最短30秒で入力完了

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク


 カテゴリ
 タグ
None