デイズ、デイズルークス 補償10万円では足りない!10万円の根拠は?

スポンサーリンク

デイズ、ekワゴン、デイズルークス、ekスペースの補償金を、10万円とする方針が三菱自動車から発表されました。

三菱自動車の発表

三菱自動車は、以下のような対応を発表しています。

このたびの当社製軽自動車における燃費試験データの不正操作につきまして、お客様には多大なるご迷惑とご心配をおかけし、誠に申し訳ございません。改めて深くお詫び申し上げます。このたび、お客様への賠償額の考え方について、社内試験の結果を元に仮に計算した内容をご報告いたします。なお、今後、届出燃費値が確定した段階で、必要が生じた場合には、金額を見直します。

引き続き末永くご利用賜りたいとの思いから、今後のお客様のご使用年数に関わらず、燃費値が異なることによって生じる燃料代の差額や、今後の車検時等に発生する税額のお客様負担分等を踏まえ、お詫びを含めた賠償を一律に実施させて頂く予定です。お支払い要領の詳細につきましては、直接お客様宛てにご連絡させていただきますので、今しばらくお待ちくださいますよう宜しくお願い申し上げます。

1.対象
2013年6月から生産している『eKワゴン/カスタム』『eKスペース』を
2016年4月21日時点でご使用いただいていたお客様(自動車検査証記載の使用者様)

2.損害賠償の内容
燃費値が異なることによって生じるお客様の以下経済的損失等
・燃料代の差額
・今後の車検時等に想定される税差額
・ご迷惑をおかけしたお詫び

3.お支払い金額
1台につき10万円
*リース、残価設定型クレジットをご利用のお客様は契約年数毎に1万円
*過去ご使用いただいていたお客様は使用年数毎に1万円

出典:三菱自動車

10万円では足りない?

デイズ、ekワゴンの最新モデルでは、メーカー届出のカタログ値(30.4km/L)と、国土交通省が計測したカタログ値(26.1km/L)で約16%の差があることが判明しました。

当サイトでは、カタログ燃費を偽装していたことにより、平均的なユーザーがどれだけガソリン代を余分に負担しなければならないのか、試算してみました。

・参考データ
自家用乗用車の平均年間走行距離は、10,575kmです。
また、自動車の平均使用年数は、約12年です。
2016年6月時点平均ガソリン価格は、120円/Lです。

カタログ燃費そのままで試算するのは正しくないので、
e燃費から、ライバル車ダイハツムーヴの実燃費はカタログ燃費の74.16%
スズキワゴンRの実燃費はカタログ燃費の72.35%
ホンダ、N-WGNの実燃費はカタログ燃費の69.07%という数値が出ています。

これらの平均値から、カタログ燃費の72%は走るべき。という仮定のもとで計算してみます。

メーカー届出カタログ値から算出した実燃費・・・30.4×0.72=21.8km/L
国土交通省計測カタログ値から算出した実燃費・・・26.1×0.72=18.8km/L

自動車の寿命までの平均走行距離・・・10575×12=126,900km

メーカー届出値から算出した実燃費で計算したガソリン消費量
126900÷21.8=5821L

国土交通省計測値から算出した実燃費で計算したガソリン消費量
129600÷18.8=6893L

その差は、6893-5821=1072L

ユーザーが過剰に負担させられたガソリン代は、
1072×120=128,640円

三菱自動車は、10万円の補償金の中に、
・燃料代の差額
・今後の車検時等に想定される税差額
・ご迷惑をおかけしたお詫び

が含まれているとしていますが、平均的に使用するユーザーにとっては、燃料代の差額にも足りていない。という計算になりました。

軽自動車の平均走行距離は、もう少し短い。などということもあるかもしれませんが、とりあえず今回計算した結果では、10万円じゃ足りない!ということですね。

該当車種の中古車相場は?

今回の不祥事を受けて、こんな車にはもう乗りたくない。と思った方も多いことでしょう。

デイズ、デイズルークス、ekワゴン、ekスペースの中古車相場は、10万円以上値下がりしているようです。

売ろうと思っても、10万円の補償金では、足りませんね。

アメリカなら、市場価値が下落した!といって訴訟を起こされているところでしょう。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする