スポンサーリンク


メルセデス・ベンツ、Gクラスのモデルチェンジ情報をお伝えします。

発売時期

Gクラスのモデルチェンジは、2017年の予定です。

現行Gクラスは、1979年に発売されており、何度かマイナーチェンジされているものの、フルモデルチェンジは一度もされていません。

2017年にフルモデルチェンジされれば、実に38年振りのフルモデルチェンジとなります。

テスト走行

既に、テスト走行が行われています。

g_201607112338552ae.jpg出典:autobild.de


g1.jpg出典:autobild.de


g3.jpg出典:autobild.de


現行Gクラスは、こういうデザインです。
gclass.jpg出典ベンツ公式

テストカーとあまり変わらないように思えます。
今回のテスト走行は、現行型のボディを流用しているだけかもしれません。

巷では、38年振りのフルモデルチェンジか。と言われていますが、ボディがあまり変わっていないので、再度マイナーチェンジが実施されるのかもしれませんね。

g-con.jpg出典Carscoops

ちなみに、次期Gクラスのコンセプトカーは、こんなデザインでした。


コンセプトカーを見ると大きくデザインが変わるのではないか?とも思わされましたが、Gクラスらしいキープコンセプトになるようです。

走行性能

メルセデス・ベンツGクラスの最大の特徴は、悪路走破性の高さです。

その硬派なデザインからも、走破性の高さが垣間見えますね。

フルモデルチェンジされ、プラットフォームが刷新されるとなると、悪路走破性も大きく高められることに期待が持てそうです。

燃費も向上

新型Gクラスは、車両重量が300kg~400kgも軽量化されるといわれています。

ここまでの軽量化はめずらしいですが、元々の重量が2,500kgもあることと、38年間フルモデルチェンジが行われていないということがあるでしょう。

これだけ軽量化されても重量は2トン以上あるわけですが、燃費も結構良くなりそうです。

新型Gクラスの予想燃費は、12km/L程度です。(ディーゼルモデル)

決して低燃費というわけではありませんが、このボディでこれだけの燃費であれば十分でしょう。

自動運転機能、自動ブレーキ

メルセデス・ベンツGクラスは、現行モデルでも、0-200km/hで作動するレーダークルーズコントロールや、ブラインドスポットもにたーなど、一定の機能は搭載されていますが、自動ブレーキや自動運転機能は搭載されていません。

新型Gクラスには、自動ブレーキや、高速道路上での自動運転機能が搭載されるでしょう。

更に、新型Eクラスに搭載されたものと同等の、側面衝突時の衝撃を和らげる機能や、衝突音を軽減する機能なども搭載されるかもしれません。

価格

新型Gクラスの価格は、38年ぶりのフルモデルチェンジで基本性能、安全性能が大幅に向上することに伴って、価格もアップすることになるでしょう。

現行Gクラスの価格は1080万円~ですが、新型Gクラスは100万円ほど価格がアップすると予想されています。

スポンサーリンク


車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

新車に買い換える時は、ディーラーに下取りに出してその分値引きをしてもらうことが多いですが、一般的には買取業者に売った方が高く売ることができます。

(ディーラーは自社店舗での販売が中心であることに対して、買取業者はオークション、海外販売など販路が多いので、高く買い取ることができます。)

ディーラーの下取り価格と比較するためにも、まずは自分の車の買取価格を知っておきましょう。

以下のリンクから、自分の車をいくらで売ることができるのかを知ることができます。

>>愛車の最高価格を知る!最短30秒で入力完了

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None