スポンサーリンク


BMW 1シリーズのフルモデルチェンジ情報をお伝えします。

BMW1シリーズといえば、クラス唯一のFRハッチバックです。

次期1シリーズは、FFとなって、これまでから大きく方針転換することになります。

発売時期

BMW 1シリーズのフルモデルチェンジは、2019年に実施されると予想されています。

デザイン

次期1シリーズのデザインは、キドニーグリルはもちろん受け継ぎますが、ヘッドライトがグリルと繋がるようなデザインになるでしょう。

テスト走行の様子が撮影されています。

bmw12_20171002174553132.jpg

bmw13_201710021745552c2.jpg

bmw14_201710021745568ef.jpg

現行よりも、少しボンネットが短くなっているように感じられます。その分、後部座席の空間が広くなっていることでしょう。

また、全長も少し長くなり、その分も後部座席の空間にあてられるはずです。


さらに、次期1シリーズは、噂通りFFになるようなので、駆動方式の変更と合わせて、後部座席の足元空間は相当にゆとりのあるものになるでしょう。

パワートレイン

次期1シリーズには、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジンに加えて、プラグインハイブリッドが追加されると予想されています。

ガソリンエンジンとディーゼルエンジンに関しては、現行と同等のものが搭載されるでしょう。

<1.5Lターボエンジン>
最高出力・・・136ps/4400rpm
最大トルク・・・22.4kgm/1250-4300rpm

<2.0Lターボエンジン>
最高出力・・・184ps/5000rpm
最大トルク・・・27.5kgm/1350-4600rpm

<3.0Lターボエンジン>
最高出力・・・340ps/5500rpm
最大トルク・・・51.0kgm/1520-4500rpm

<2.0Lディーゼルターボエンジン>
最高出力・・・150ps/4000rpm
最大トルク・・・32.6kgm/1500-3000rpm

2.0Lディーゼルターボエンジン搭載車は、現在118dとして販売されていますが、次期型では120dとして販売されることになるでしょう。


プラグインハイブリッド車の詳細は、調査中です。

運転支援機能

次期1シリーズには、最新の運転支援機能が搭載されるでしょう。

・高速道路での自動運転機能
ウインカーを出すと周囲の安全を確認して車線変更もできる自動運転機能が搭載されるでしょう。

・パーキングアシストプラス
駐車時に車を上から見下ろした映像を確認したり、車内から駐車スペースを指定して自動で駐車することができる機能が搭載されるでしょう。

なお、車外からスマホで駐車をすることができる、リモートコントロールパーキングは搭載されないとみられています。

1シリーズは比較的コンパクトなのでそこまでの機能は必要が無いだろう。ということと、順番的に3シリーズから先に搭載されるだろう。ということです。

価格

次期1シリーズの価格は、現行よりも少し高くなり、330万円程度~になるでしょう。


まだ少し先の話ですし、為替相場によっても変わってくるので、また新しい情報が入りましたら、更新します。

車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>愛車の最高価格を知る!最短30秒で入力完了

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク


画像はCarscoopsより引用
 カテゴリ
 タグ
None