フォルクスワーゲン ザ・ビートル 新型 ターボがR-Lineに!変更点を紹介

フォルクスワーゲン、ザ・ビートルがマイナーチェンジされました。

今回は、新型ビートルの変更点を紹介していきましょう。

発売日

新型ザ・ビートルの発売日は、2016年9月21日です。

デザイン

マイナーチェンジに伴い、デザインが一部変更されました。

ザ・ビートル base

フロントグリルやフォグランプ周りのデザインが変更されています。

ザ・ビートル 2.0R-Line

Turboは、R-Lineとグレード名が改められました。

こちらも、前後バンパーのデザインなどが変更されています。

最新情報

新型ザ・ビートルには、最新の便利機能や安全機能が搭載されています。

アップルのCarPlay、グーグルのAndroid Autoと接続してカーナビが使用できるCompostion Mediaが標準装備となりました。

ドライバーの披露検知システムである、Fatigue Detection Systemが標準装備になりました。

ブラインドスポットモニターとリヤトラフィックアラート(後退時警告、衝突軽減ブレーキ機能)は、R-Lineに標準装備、Baseにはオプション設定されています。

価格

Base・・・2,349,000円
Design・・・2,699,000円
2.0 R-Line・・・3,459,000円

Dune(限定500台)・・・3,219,000円
ALLSTAR(限定200台)・・・2,999,000円

装備の充実に伴い、価格は若干アップしています。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする