マツダ マシーングレープレミアムメタリック(カラーコード46G)を第二の看板カラーに!

スポンサーリンク

今回は、マツダの塗装に関するお話です。

最近のマツダといえば、「ソウルレッドプレミアムメタリック」が看板カラーとなっています。

マツダの車種紹介ページでも、販売終了が決まっているプレマシーとビアンテを除き、ソウルレッドプレミアムメタリックです。

最近、マツダが第二の看板カラーにしようとしているカラーが、「マシーングレープレミアムメタリック」です。

モデルチェンジを機に順次採用されている事に気がついている方も多いのではないでしょうか。

マシーングレープレミアムメタリックは、現時点で
・デミオ

・アクセラ

・アテンザ

・CX-3

に採用されています。

マシーングレープレミアムメタリックには、「機械の持つ精緻な美しさの追求」をテーマに、ソウルレッドプレミアムメタリックとともに「匠塗」という技術が採用されています。

匠塗について詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.mazda.co.jp/beadriver/design/interview/10_1/

実車を見てきましたが、ソウルレッドプレミアムメタリックも深みのあって綺麗な色でしたが、マシーングレープレミアムメタリックもキメが細かく鏡のように映り込む塗装が美しかったです。

モニターで見るだけではなかなか伝わりません。

塗装の品質の高さでは、レクサスの塗装の品質の高さが有名ですが、マツダのこの2色は大衆車としては随一の美しさではないでしょうか。

7月にマイナーチェンジされたアクセラでは、ソウルレッドプレミアムメタリックが22%、マシーングレープレミアムメタリックが21%と、名実ともに第二の看板カラーとなっています。

マツダの今後の匠塗新色にも注目です。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

新車、中古車の見積もりも、ネットでできる時代です。

値引き交渉もオンラインでできるので、地元のディーラーとどちらが安いか、比較することができます。

一般的な中古車情報サイトには掲載されていない、非公開車両からも探すことができます。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする