スポンサーリンク


2018年3月に開催されたジュネーブモーターショーで、次期レヴォーグのコンセプトカーといわれている、VIZIV Tourer Conceptが公開されました。

今回は、レヴォーグのフルモデルチェンジ予想情報をお伝えします。

発売時期

新型レヴォーグの発売時期は、2019年末~2020年と予想されています。

発表は2019年末に行われるかもしれませんが、発売は2020年に入ってからとなるでしょう。

デザイン

次期レヴォーグのコンセプトカーといわれている、VIZIV Tourer Conceptが、ジュネーブモーターショーで公開されました。

VIZIV Tourer Concept
vizivtourcarscoops1.png出典Carscoops

vizivtourcarscoops2.png出典Carscoops

vizivtourcarscoops3.png 出典Carscoops


フロントのヘキサゴングリルは今までどおりですが、鋭い目つきのコの字型のヘッドライトや、彫りの深いラインが特徴的です。

市販車では、もう少し大人しくなるのでしょうが、ヘッドライトは今よりも細長くなるのかな。などと想像することができます。

また、アイサイトのカメラ部分が飛び出しているのが特徴的です。


リヤのデザインはシンプルで、これといって注目するところもないような感じです。


サイズは、全長4,775mm×全幅1,930mm×全高1,435mmです。


ジュネーブで公開されていることから、レヴォーグに限ったコンセプトモデルではなく、スバルのワゴンタイプの車全般の今後の方向性を示したコンセプトモデルかと思います。

パワートレイン

次期レヴォーグには、2種類のターボエンジンの他、プラグインハイブリッドも投入されると予想されています。


2種類のターボエンジンは、1.6Lと2.0Lで、現行と同様のものになるでしょう。

改良により、燃費は若干向上するはずです。


プラグインハイブリッドのパワートレインは、先にフォレスターに搭載されるものと同じものが搭載されるはずなので、フォレスターの情報にも注目です。

アイサイト

アイサイトは、開発者の退職などが報道されており、これからどうなるのか。などと言われたりもしていましたが、今回、VIZIV Tourer Conceptでは、アイサイトのカメラ部分が飛び出している、アイサイトを強調したコンセプトカーとなっています。

これは、今後もアイサイトの開発を続ける。というスバルの意思表示でもあるでしょう。


開発が順調に進んでいれば、次期レヴォーグに搭載されるアイサイトでは、高速道路上の車線変更まで自動で行えるような機能になっているはずです。

価格

次期レヴォーグの価格は、1.6Lターボ、2.0Lターボの価格は現行+10万円程度、プラグインハイブリッド車は、ガソリン車+80万円程度になると予想されています。


1.6Lターボ車・・・290万円~
2.0Lターボ車・・・370万円~
プラグインハイブリッド車・・・370万円~

これくらいの価格になるでしょう。


また新しい情報が入りましたら、更新します。

車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>愛車の最高価格を知る!最短30秒で入力完了

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク
 カテゴリ
 タグ
None