スポンサーリンク


マツダ、アクセラのフルモデルチェンジ情報をお伝えします。

次期アクセラには、SKYACTIV-Xエンジン搭載でガソリンエンジンの燃費が大幅向上か!?という情報が入っています。

早速紹介していきましょう。

■もくじ
・発売時期
・デザイン
・SKYACTIV-Xエンジン
・SPCCIとは
・ディーゼルエンジンも
・ボディも強化
・自動運転、予防安全
・価格予想
・車の買い替えを検討中の方へ

発売時期

次期アクセラの発売時期は、2019年中と予想されています。

ワールドプレミアは、2018年11月に開催される、ロサンゼルスモータショーで実施される可能性が高くなっています。


デザイン

マツダは、東京モーターショー2017に、「次世代技術と次世代デザインを融合したコンパクトハッチバックモデル」のコンセプトカー、魁コンセプト(カイ・コンセプト)を出品しました。

マツダのコンパクトハッチバックといえば、アクセラなので、次期アクセラのコンセプトカーということになります。

デザインを紹介します。

エクステリア
axela12.jpg

axela11.jpg

axela13_201710262155277a0.jpg

まるで、ホットハッチを思わせるようなダイナミックなデザインです。

市販される時は、もう少しプレスラインは控えめに、ホイールサイズも小さくなるでしょうから、もう少し大人しいデザインになるでしょう。

次期アクセラは、現行よりもフロントグリルはより大きく、目つきは鋭く、ボンネットは長く、ルーフはなだらかに落ちるようなデザインになる。ということが読み取れます。


インテリア
axela14_20171026215529f8f.jpg

インテリアは、程よくタイトで緩やかに包まれる自然な空間を目指して開発されています。


現行アクセラと比べてみましょう。
axela11.jpg

axela9_2017101322113744d.jpg

現行アクセラよりも、ボンネット先端が低く、ルーフ後端も低くなっていることが分かります。

クーペのようなスタイルになることを示唆しています。


現行アクセラでも、居住空間が狭い。という声を多く聞きますが、次期アクセラは更に狭くなるのではないか?という心配がありますが、デザインを優先する。という意思表示でもあるでしょう。

重心が低くなれば、走りも良くなるはずです。

スポンサーリンク


SKYACTIV-Xエンジン搭載

次期アクセラには、SPCCIという技術を採用した新エンジン、SKYACTIV-Xが搭載され、燃費が3割ほど向上するといわれています。

現行アクセラのガソリン車の燃費は19.2km/Lなので、3割向上すれば25km/L程度になると予想されます。

ハイブリッド車やクリーンディーゼル車に匹敵する燃費を普通のガソリン車で実現できるかもしれません。

SKYACTIV-Xエンジンも、東京モーターショーで公開されるので、詳しいスペックなどはまた紹介します。


マツダのスカイアクティブXエンジンの紹介ムービーが公開されています。



マツダの内燃機関へのこだわりが伝わってきます。


新型SLKYACTIV-Xエンジンの予想スペックを紹介します。

<1.5Lエンジン>
最高出力・・・145ps
最大トルク・・・17.5kgm

<2.0Lエンジン>
最高出力・・・190ps
最大トルク・・・23.5kgm


現行エンジンのスペックは、

<1.5Lエンジン>
最高出力・・・111ps/6000rpm
最大トルク・・・14.7kgm/3500rpm


これだけパワーがアップして、燃費も向上するとなれば、まさに夢のようなエンジンですね。


SPCCIとは

SPCCIとは、圧縮した混合気(空気+燃料)を自己着火させる燃焼方法です。

通常のガソリンエンジンは、点火プラグ部分から徐々に着火していくのに比べ、薄い燃料を一気に着火、爆発させるため、これまでのガソリンエンジンよりも燃焼効率が良くなります。

燃焼効率が良くなる=燃費が良くなる。ということです。

ただし、SPCCIによる燃焼を実現することができるのはエンジンの温度、回転数などが一定の条件下にある時のみで、非常に緻密なコントロールが必要であり、高度な技術が求められます。

少しでも条件が合わないと、ノッキングや不完全燃焼が発生してしまいます。

また、エンジンの高い耐久性を求められるため、開発費用な原価などコストが高くなってしまうというデメリットもあります。

マツダは、その課題に果敢に挑戦し、次期アクセラから実用化しようとしている。ということです。


SPCCI(火花制御式圧縮着火)の説明動画です。




ディーゼルエンジンも

もちろん、マツダ自慢のクリーンディーゼルエンジンも搭載されるでしょう。

ディーゼルエンジンの進化にも期待したいところですが、詳細はまだ分かりません。


現在セダンにのみ設定されているハイブリッドは、ラインナップから消滅するかもしれません。

マツダは、将来的に主流となるであろう電動化技術の開発は進めているようですが、今のところは内燃機関にこだわりを持っているようです。


SKYACTIV-Xガソリンエンジンの投入により、燃費とパワーの両立というディーゼルエンジンのメリットが、ガソリンエンジンで達成されてしまうので、新型アクセラのディーゼルエンジンは、2.2Lディーゼルターボエンジンのみになるかもしれません。

<1.5Lディーゼルターボエンジン>
最高出力・・・105ps/4000rpm
最大トルク・・・27.5kgm/1600-2500rpm


<2.2Lディーゼルターボエンジン>
最高出力・・・175ps/4500rpm
最大トルク・・・42.8kgm/2000rpm


CX-5の2.2Lディーゼルターボエンジンは、CX-8と同じパワフルなものに変更されましたが、さすがにアクセラには過剰だと思うので、現行と同スペックのものが搭載されることになるでしょう。


ボディも強化

次期アクセラから、ボディ骨格も一新され、より人馬一体感が強化されると予想されています。

東京モーターショーで、そのコンセプトとなる、「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」を公開しました。

「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」は、骨盤を立てて脊柱が自然なS字カーブを維持できるシート、多方向に配置した環状構造で入力エネルギーを遅れなく伝達するボディ、各部品が相互に連携してばね上に伝える力を滑らかにコントロールするシャシー、エネルギーの特質や人間が音を感じるメカニズムに基づいて造り込んだNVH性能などを両立する、レベルの高い骨格になることを予告しています。

axela15_20171026221107fc8.jpg


自動運転・予防安全

次期アクセラには、自動運転機能が一部搭載されるのでは?ともいわれていますが、それはなく、現行と同程度の予防安全性能になると予想されています。

現行と同程度とはいえ、現行ですでに、クラストップクラスの予防安全性能が確保されています。

・360°ビューモニター
・アダプティブLEDヘッドライト
・ハイビームコントロールシステム
・ドライバーアテンションアラート
・スマートブレーキサポート
・アドバンストスマートシティブレーキサポート
・レーダークルーズコントロール
・交通標識認識システム
・レーンキープアシストシステム
・ブラインドスポットモニタリング


現行型でも、これらの機能が搭載されているので、新型では、最低限これと同等以上の予防安全性能が確保されるはずです。

自動運転機能が搭載されるなら、フラッグシップである、次期アテンザからになるでしょう。


価格は高くなる?

SKYACTIV-Xエンジンは、開発、製造にコストが掛かり、従来のガソリンエンジンよりも高くなるでしょう。

SKYACTIV-X搭載モデルは、従来のガソリンエンジン搭載モデルよも、よりも20~30万円高くなると予想されています。

まだフルモデルチェンジは先のことなので、それまでにコストの問題などを解決し、価格が抑えられることを期待したいところです。


車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>愛車の最高価格を知る!最短30秒で入力完了

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク


画像はマツダ様HPより引用
 カテゴリ
 タグ
None