スポンサーリンク


マツダ、アクセラのフルモデルチェンジ情報をお伝えします。

次期アクセラには、SKYACTIV-Xエンジン搭載でガソリンエンジンの燃費が大幅向上か!?という情報が入っています。

早速紹介していきましょう。

発売時期

次期アクセラの発売時期は、2019年中と予想されています。

デザイン

マツダは、東京モーターショー2017に、「次世代技術と次世代デザインを融合したコンパクトハッチバックモデル」のコンセプトカーヲ出品します。

マツダのコンパクトハッチバックといえば、アクセラなので、次期アクセラのコンセプトカーということになります。

シルエットが公開されているので、紹介します。
axela8_20171013220942b24.jpg

現行アクセラと比べてみましょう。
axela9_2017101322113744d.jpg

現行アクセラよりも、ボンネット先端が低く、ルーフ後端も低くなっていることが分かります。

クーペのようなスタイルになることを示唆しています。


現行アクセラでも、居住空間が狭い。という声を多く聞きますが、次期アクセラは更に狭くなるのではないか?という心配がありますが、デザインを優先する。という意思表示でもあるでしょう。

重心が低くなれば、走りも良くなるはずです。

SKYACTIV-Xエンジン搭載

次期アクセラには、HCCIという技術を採用した新エンジン、SKYACTIV-Xが搭載され、燃費が3割ほど向上するといわれています。

現行アクセラのガソリン車の燃費は19.2km/Lなので、3割向上すれば25km/L程度になると予想されます。

ハイブリッド車やクリーンディーゼル車に匹敵する燃費を普通のガソリン車で実現できるかもしれません。

SKYACTIV-Xエンジンも、東京モーターショーで公開されるので、詳しいスペックなどはまた紹介します。

HCCIとは

HCCI(予混合圧縮自動着火)とは、圧縮した混合気(空気+燃料)を自己着火させる燃焼方法です。

通常のガソリンエンジンは、点火プラグを使って着火させるため、点火プラグ部分から徐々に着火していくのに比べ、HCCIでは、混合気のあらゆる場所から一斉に着火するため、これまでのガソリンエンジンよりも燃焼効率が良くなります。

燃焼効率が良くなる=燃費が良くなる。ということです。

ただし、HCCIによる燃焼を実現することができるのはエンジンの温度、回転数などが一定の条件下にある時のみで、非常に緻密なコントロールが必要であり、高度な技術が求められます。

少しでも条件が合わないと、ノッキングや不完全燃焼が発生してしまいます。

また、エンジンの高い耐久性を求められるため、開発費用な原価などコストが高くなってしまうというデメリットもあります。

マツダは、その課題に果敢に挑戦し、次期アクセラから実用化しようとしている。ということです。

フルモデルチェンジまでまだ1年以上あるので、詳しい情報はあまり分かっていませんが、また新しい情報が入りましたら、更新します。

ディーゼルエンジンも

もちろん、マツダ自慢のクリーンディーゼルエンジンも搭載されます。

ディーゼルエンジンの進化にも期待したいところですが、詳細はまだ分かりません。

現在セダンにのみ設定されているハイブリッドは、ラインナップから消滅するかもしれません。

車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>愛車の最高価格を知る!最短30秒で入力完了

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク


画像はマツダ様HPより引用
 カテゴリ
 タグ
None