新型 アクセラ フルモデルチェンジ 最新情報!発売時期は、2019年!価格、燃費、デザイン、予約など、予想情報!

スポンサーリンク

マツダ、アクセラのフルモデルチェンジ情報をお伝えします。

次期アクセラには、SKYACTIV-Xエンジン搭載でガソリンエンジンの燃費が大幅向上か!?という情報が入っています。

早速紹介していきましょう。

発売時期

次期アクセラの発売時期は、2019年初頭と予想されています。

ワールドプレミアは、2018年11月に開催される、ロサンゼルスモータショーで実施される可能性が高くなっています。

いよいよ生産開始!

中国新聞によると、2018年9月中にも、新型アクセラの生産が開始されるということです。

そして、発売日は2019年3月までには発売される予定。ということです。

マツダは、西日本豪雨の関係で生産を縮小している状況が続いていますが、新型アクセラの発売は当初の予定通りに進みそうです。

セダンは遅れる模様

新型アクセラスポーツ(ハッチバック)の発売は、当初から言われていたとおり2019年3月に発売されるのですが、アクセラセダンの方は2019年末頃の発売となるようです。

アクセラはハッチバックがメインの車ですから、セダンは後回しということでしょうか。

デザイン

マツダは、東京モーターショー2017に、「次世代技術と次世代デザインを融合したコンパクトハッチバックモデル」のコンセプトカー、魁コンセプト(カイ・コンセプト)を出品しました。

マツダのコンパクトハッチバックといえば、アクセラなので、次期アクセラのコンセプトカーということになります。

デザインを紹介します。

エクステリア

axela12.jpg

axela11.jpg

axela13_201710262155277a0.jpg
出典http://www2.mazda.com/ ”

まるで、ホットハッチを思わせるようなダイナミックなデザインです。

市販される時は、もう少しプレスラインは控えめに、ホイールサイズも小さくなるでしょうから、もう少し大人しいデザインになるでしょう。

次期アクセラは、現行よりもフロントグリルはより大きく、目つきは鋭く、ボンネットは長く、ルーフはなだらかに落ちるようなデザインになる。ということが読み取れます。

インテリア

axela14_20171026215529f8f.jpg
出典http://www2.mazda.com/ ”

インテリアは、程よくタイトで緩やかに包まれる自然な空間を目指して開発されています。

現行アクセラと比べてみましょう。

axela11.jpg
出典http://www2.mazda.com/ ”

axela9_2017101322113744d.jpg
出典http://www.mazda.co.jp/ ”

現行アクセラよりも、ボンネット先端が低く、ルーフ後端も低くなっていることが分かります。

クーペのようなスタイルになることを示唆しています。

現行アクセラでも、居住空間が狭い。という声を多く聞きますが、次期アクセラは更に狭くなるのではないか?という心配がありますが、デザインを優先する。という意思表示でもあるでしょう。

重心が低くなれば、走りも良くなるはずです。

一方で、現行よりもボンネットが長くなるということで、セダンのデザインがどういった風になるのかが気になるところです。

セダンは、ボンネットに応じたトランクの長さがないと、バランスが悪く見えてしまいます。

正直、現行アクセラのセダンも、ちょっと無理やり押し込んだ感のあるデザインになってしまいます。

セダンだけボンネットの長さを短くするということはないでしょうから、全長を長くして対応するのか、どうやってデザインをまとめてくるのか、注目です。

スポンサーリンク

ディーラー関係者向けに新型アクセラが公開されましたが、デザインは魁コンセプトからほとんど変わっていないということです。

ということは、現行アクセラよりも更にデザイン重視で、室内の空間は犠牲になっていそうですね。

マツダは今後もその方針を貫いていくのでしょう。

また、現行アクセラで評判の悪かった「グリル内のナンバープレート」が、グリル外に設置できるように改善されているということです。

現行アクセラは、ナンバープレートの位置の評判がとても悪く、CX-3にした。という話もよく聞いたので、これは良い改善ですね。

魁コンセプトのリヤのデザインは、ツルッとしていて手を引っ掛ける場所がありません。

トランクを開ける時はどうするんだろう?と思いましたが、欧州車でよくあるように、リヤのエンブレム部分が持ち上がり取っ手になるようです。

とことんデザインを優先を追求していますね。

※追記
新型アクセラの、ティザームービーが公開されました。

リヤとサイドのデザインの一部しか公開されていませんが、リヤのデザインは、魁コンセプトにとても近いということがわかります。

動画のタイトルが、A New Era Begins November 2018となっているので、2018年11月に発表されるということで間違いないでしょう。

ボディサイズ

新型アクセラスポーツのボディサイズは、現行型よりも全長が少し長くなり、全高が少し低くなると予想されています。

予想サイズは、全長4,500mm×全幅1,800mm×全高1,460mmです。

多くの車は、モデルチェンジで全長が大きくなれば、その分を後部座席の空間の拡大に使うのですが、新型アクセラでは、デザイン性を重視して、ボンネット部分などに使われるため、室内空間はそれほど広くならないと予想されています。

これも今の、「マツダらしさ」ですね。

SKYACTIV-Xエンジン

次期アクセラには、SPCCIという技術を採用した新エンジン、SKYACTIV-Xが搭載され、燃費が3割ほど向上するといわれています。

現行アクセラのガソリン車の燃費は19.2km/Lなので、3割向上すれば25km/L程度になると予想されます。

ハイブリッド車やクリーンディーゼル車に匹敵する燃費を普通のガソリン車で実現できるかもしれません。

SKYACTIV-Xエンジンも、東京モーターショーで公開されるので、詳しいスペックなどはまた紹介します。

マツダのスカイアクティブXエンジンの紹介ムービーが公開されています。

マツダの内燃機関へのこだわりが伝わってきます。

新型SLKYACTIV-Xエンジンの予想スペックを紹介します。

<1.5Lエンジン>
最高出力・・・145ps
最大トルク・・・17.5kgm

<2.0Lエンジン>
最高出力・・・190ps
最大トルク・・・23.5kgm

現行エンジンガソリンエンジンは1.5Lのみです。

<1.5Lエンジン>
最高出力・・・111ps/6000rpm
最大トルク・・・14.7kgm/3500rpm

これだけパワーがアップして、燃費も向上するとなれば、まさに夢のようなエンジンですね。

※追記
どうやら、新型アクセラのガソリンエンジンは、SKYACTIV-Xの2.0Lエンジンのみとなりそうです。

アクセラの1.5Lエンジンは、少しパワー不足だという声もよく聞きますが、パワーアップするSKYACITVE-Xエンジンなら、1.5Lでも十分なパワーを発揮できるかな?と思っていましたが、そもそもSKYACTIV-Xエンジンは2.0Lのものから開発されており、1.5Lのものはまだ完成していないのかもしれません。

また、マツダは比較的排気量に余裕をもたせる傾向にあり、先日デミオは1.3Lが廃止され、1.5Lエンジンが搭載されました。

また、CX-3でもガソリンエンジンは2.0Lエンジンのみがラインナップされるなど、少々排気量が大きめのエンジンを搭載する傾向にあるので、新型アクセラには1.5Lエンジンが搭載されることはないかもしれません。

SCPPIとは

SPCCIとは、圧縮した混合気(空気+燃料)を自己着火させる燃焼方法です。

通常のガソリンエンジンは、点火プラグ部分から徐々に着火していくのに比べ、薄い燃料を一気に着火、爆発させるため、これまでのガソリンエンジンよりも燃焼効率が良くなります。

燃焼効率が良くなる=燃費が良くなる。ということです。

ただし、SPCCIによる燃焼を実現することができるのはエンジンの温度、回転数などが一定の条件下にある時のみで、非常に緻密なコントロールが必要であり、高度な技術が求められます。

少しでも条件が合わないと、ノッキングや不完全燃焼が発生してしまいます。

また、エンジンの高い耐久性を求められるため、開発費用な原価などコストが高くなってしまうというデメリットもあります。

マツダは、その課題に果敢に挑戦し、次期アクセラから実用化しようとしている。ということです。

SPCCI(火花制御式圧縮着火)の説明動画です。

ディーゼルエンジンも

もちろん、マツダ自慢のクリーンディーゼルエンジンも搭載されるでしょう。

ディーゼルエンジンの進化にも期待したいところですが、詳細はまだ分かりません。

現在セダンにのみ設定されているハイブリッドは、ラインナップから消滅するかもしれません。

マツダは、将来的に主流となるであろう電動化技術の開発は進めているようですが、今のところは内燃機関にこだわりを持っているようです。

SKYACTIV-Xガソリンエンジンの投入により、燃費とパワーの両立というディーゼルエンジンのメリットが、ガソリンエンジンで達成されてしまうので、新型アクセラのディーゼルエンジンは、2.2Lディーゼルターボエンジンのみになるかもしれません。

<1.5Lディーゼルターボエンジン>
最高出力・・・105ps/4000rpm
最大トルク・・・27.5kgm/1600-2500rpm

<2.2Lディーゼルターボエンジン>
最高出力・・・175ps/4500rpm
最大トルク・・・42.8kgm/2000rpm

CX-5の2.2Lディーゼルターボエンジンは、CX-8と同じパワフルなものに変更されましたが、さすがにアクセラには過剰だと思うので、現行と同スペックのものが搭載されることになるでしょう。

ボディも強化

次期アクセラから、ボディ骨格も一新され、より人馬一体感が強化されると予想されています。

東京モーターショーで、そのコンセプトとなる、「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」を公開しました。

「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」は、骨盤を立てて脊柱が自然なS字カーブを維持できるシート、多方向に配置した環状構造で入力エネルギーを遅れなく伝達するボディ、各部品が相互に連携してばね上に伝える力を滑らかにコントロールするシャシー、エネルギーの特質や人間が音を感じるメカニズムに基づいて造り込んだNVH性能などを両立する、レベルの高い骨格になることを予告しています。

自動運転、予防安全

次期アクセラには、自動運転機能が一部搭載されるのでは?ともいわれていますが、それはなく、現行と同程度の予防安全性能になると予想されています。

現行と同程度とはいえ、現行ですでに、クラストップクラスの予防安全性能が確保されています。

・360°ビューモニター
・アダプティブLEDヘッドライト
・ハイビームコントロールシステム
・ドライバーアテンションアラート
・スマートブレーキサポート
・アドバンストスマートシティブレーキサポート
・レーダークルーズコントロール
・交通標識認識システム
・レーンキープアシストシステム
・ブラインドスポットモニタリング

現行型でも、これらの機能が搭載されているので、新型では、最低限これと同等以上の予防安全性能が確保されるはずです。

自動運転機能が搭載されるなら、フラッグシップである、次期アテンザからになるでしょう。

価格は高くなる?

SKYACTIV-Xエンジンは、開発、製造にコストが掛かり、従来のガソリンエンジンよりも高くなるでしょう。

SKYACTIV-X搭載モデルは、従来のガソリンエンジン搭載モデルよも、よりも20~30万円高くなると予想されています。

1.5Lガソリンエンジンが廃止されると、エントリー価格はかなり高くなりそうです。

現行型がチャンス

最近のマツダは、毎年の改良で最新の予防安全機能などを随時投入しており、現在モデル末期である現行アクセラも、予防安全性能はライバルの新型車と比べても引けを取りません。

2019年に入ったあたりから、現行アクセラの値引き額はかなり大きくなるはずですから、少しでも安く手に入れたい方は、現行型を大幅値引きで購入するか、在庫車なんかも狙い目かと思います。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

新車、中古車の見積もりも、ネットでできる時代です。

値引き交渉もオンラインでできるので、地元のディーラーとどちらが安いか、比較することができます。

一般的な中古車情報サイトには掲載されていない、非公開車両からも探すことができます。

スポンサーリンク

歴代アクセラ

アクセラは、ファミリアの後継者として発売された車で、現行型で3代目です。

ここでかんたんに、歴代アクセラを紹介していきましょう。

■初代アクセラ



出典https://ja.wikipedia.org ”

販売期間・・・2003年~2009年

初代アクセラは、ファミリアから走行性能を大幅に引き上げた新型車として、2003年に発売されました。

世界戦略車として開発されたので、ボディサイズは全車3ナンバーサイズです。

日本仕様に関しては、ボディサイズは3ナンバーサイズでありながら、サイドミラーを含めた全幅は他社の5ナンバーサイズ車と同等に抑えるなど、工夫がされていました。

初代アクセラは欧州でも高い評価を受け、2004年のヨーロッパカーオブザイヤーでは第2位の評価を受けています。

欧州では、日本車があまり売れていないのですが、マツダはそれなりに高い評価を得ており、今でもマツダの販売比率は、日本、米国、欧州が同じくらいの台数売れています。

アクセラは、ミドルサイズの車で、基本的には1.5L~2.0Lエンジンを搭載していますが、松田スピードアクセラという、2.3Lターボエンジンを搭載したパワフルなモデルもラインナップされ、これは今でも中古車市場で人気となっています。

■2代目アクセラ


出典https://ja.wikipedia.org ”

2代目アクセラは、基本的なプラットフォームは先代から流用されたものの、足回りなどは一新され、さらに走りが強化されました。

デザインは、センターフォーカスと呼ばれる、今の鼓動デザインにもつながるデザインが採用されましたが、先代の方がデザインの評価は高かったように感じます。

搭載されたエンジンは、1.5L~2.0Lエンジンと、スピードアクセラ用に2.3Lエンジンです。

後期モデルでは、スカイアクティブテクノロジーを一部採用した、スカイアクティブエンジン搭載モデルが投入され、燃費が向上されました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 今井利政 より:

    アクセラ HYBRIDはモデルチェンジしないのかなぁ~?!?!