新型 アクセラ フルモデルチェンジ 最新情報!発売時期、価格、燃費、デザイン、予約など、予想情報!【mazda3 日本発売日】

スポンサーリンク
タケシ
アクセラがフルモデルチェンジされるね。スペックとか、燃費とか価格とか、色々と気になるな。
N氏
新型アクセラの最新情報を紹介しよう。

このページでは、新型アクセラの発売日、価格、スペック、デザインなど、最新情報を紹介します。

・発売日は、2019年3月ごろ
・ハッチバックは塊感、セダンは流麗なデザイン
・ボディサイズは大きく、室内空間は狭くなりそう
・SKYACTIV-Xシャシー、エンジン採用で走り、燃費ともUP
・価格は結構高くなりそう

>>このページ 発売時期、車名、デザイン
>>Page2 カラー、サイズ、エンジン、予防安全、価格
>>Page3 新型アクセラのライバル車、歴代アクセラ

新型アクセラの発売時期

新型アクセラの発売日は、2019年3月ごろと予想されています。

ワールドプレミアは、2018年11月に開催される、ロサンゼルスモータショーで実施される可能性が高くなっています。

タケシ
3月に発売されるんだね。楽しみだな。

いよいよ生産開始!

中国新聞によると、2018年9月中にも、新型アクセラの生産が開始されるということです。

そして、発売日は2019年3月までには発売される予定。ということです。

マツダは、西日本豪雨の関係で生産を縮小している状況が続いていますが、新型アクセラの発売は当初の予定通りに進みそうです。

セダンは遅れる模様

新型アクセラスポーツ(ハッチバック)の発売は、当初から言われていたとおり2019年3月に発売されるのですが、アクセラセダンの方は2019年末頃の発売となるようです。

アクセラはハッチバックがメインの車ですから、セダンは後回しということでしょうか。

現行アクセラ、間もなく生産終了

現行アクセラは、2019年2月末ごろに、生産終了となるようです。

最近のマツダは、毎年改良を繰り返し、値引きをあまりしない傾向にありますが、フルモデルチェンジ前に限っては、結構大きな値引きに期待ができます。

現行アクセラも、改良によって予防安全性能などは結構高いので、現行でもいいよ。という方は、2019年の初売りあたりが狙い目かもしれませんね。

車名は、アクセラではなくなる?

N氏
新型アクセラは、車名がアクセラではなくなるかもしれないんだ。
タケシ
えっ、何になるのかな?

マツダの車は、日本では「アクセラ」「アテンザ」など、個別に名前がつけられていますが、海外では「Mazda3」「Mazda6」など、数字によってクラス分けがされています。

メルセデス・ベンツやBMW、アウディなどを見れば分かるように、海外の高級ブランドでは比較的メジャーな分類方法です。

新型アクセラは、日本でも「Mazda3」として販売されることになるといわれています。

そうなると、今後、マツダの各車種は全て海外風の名前の付け方になるのかもしれません。

マツダの各車種の海外での名前を紹介しておきます。

デミオ・・・Mazda2
アクセラ・・・Mazda3
アテンザ・・・Mazda6
ロードスター・・・MX-5

CX-3、CX-5、CX-8は、そのままとなります。

OEMで販売している軽自動車に関しては、これまで通りの名前となるはずです。

マツダは、車名を海外風に統一することで、よりブランドイメージを高めようとしているのでしょう。

タケシ
Mazda3といったほうがなんだか格好良く聞こえるね。
スポンサーリンク

新型アクセラのデザイン

タケシ
新型アクセラは、とってもカッコよくなるみたいだね。どんなデザインになるのかな?

マツダは、東京モーターショー2017に、「次世代技術と次世代デザインを融合したコンパクトハッチバックモデル」のコンセプトカー、魁コンセプト(カイ・コンセプト)を出品しました。

マツダのコンパクトハッチバックといえば、アクセラなので、次期アクセラのコンセプトカーということになります。

デザインを紹介します。

エクステリア

axela12.jpg

axela11.jpg

axela13_201710262155277a0.jpg
出典http://www2.mazda.com/ ”

まるで、ホットハッチを思わせるようなダイナミックなデザインです。

市販される時は、もう少しプレスラインは控えめに、ホイールサイズも小さくなるでしょうから、もう少し大人しいデザインになるでしょう。

次期アクセラは、現行よりもフロントグリルはより大きく、目つきは鋭く、ボンネットは長く、ルーフはなだらかに落ちるようなデザインになる。ということが読み取れます。

インテリア

axela14_20171026215529f8f.jpg
出典http://www2.mazda.com/ ”

インテリアは、程よくタイトで緩やかに包まれる自然な空間を目指して開発されています。

現行アクセラと比べてみましょう。

axela11.jpg
出典http://www2.mazda.com/ ”

axela9_2017101322113744d.jpg
出典http://www.mazda.co.jp/ ”

現行アクセラよりも、ボンネット先端が低く、ルーフ後端も低くなっていることが分かります。

クーペのようなスタイルになることを示唆しています。

現行アクセラでも、居住空間が狭い。という声を多く聞きますが、次期アクセラは更に狭くなるのではないか?という心配がありますが、デザインを優先する。という意思表示でもあるでしょう。

重心が低くなれば、走りも良くなるはずです。

一方で、現行よりもボンネットが長くなるということで、セダンのデザインがどういった風になるのかが気になるところです。

セダンは、ボンネットに応じたトランクの長さがないと、バランスが悪く見えてしまいます。

正直、現行アクセラのセダンも、ちょっと無理やり押し込んだ感のあるデザインになってしまいます。

セダンだけボンネットの長さを短くするということはないでしょうから、全長を長くして対応するのか、どうやってデザインをまとめてくるのか、注目です。

ディーラー関係者向けに新型アクセラが公開されましたが、デザインは魁コンセプトからほとんど変わっていないということです。

ということは、現行アクセラよりも更にデザイン重視で、室内の空間は犠牲になっていそうですね。

マツダは今後もその方針を貫いていくのでしょう。

また、現行アクセラで評判の悪かった「グリル内のナンバープレート」が、グリル外に設置できるように改善されているということです。

現行アクセラは、ナンバープレートの位置の評判がとても悪く、CX-3にした。という話もよく聞いたので、これは良い改善ですね。

魁コンセプトのリヤのデザインは、ツルッとしていて手を引っ掛ける場所がありません。

トランクを開ける時はどうするんだろう?と思いましたが、欧州車でよくあるように、リヤのエンブレム部分が持ち上がり取っ手になるようです。

とことんデザインを優先を追求していますね。

※追記
新型アクセラの、ティザームービーが公開されました。

リヤとサイドのデザインの一部しか公開されていませんが、リヤのデザインは、魁コンセプトにとても近いということがわかります。

動画のタイトルが、A New Era Begins November 2018となっているので、2018年11月に発表されるということで間違いないでしょう。

※追記
2018年11月30日から開催されるロサンゼルスモーターショーで、新型Mazda3(日本名アクセラ)を世界初公開する。との発表がありました。

新型アクセラスポーツ、新型アクセラセダンの画像も一部公開されています。



出典http://blog.mazda.com ”

セダンは、発売はスポーツよりも遅くなると予想されていますが、デザインは同時に公開されるようです。

これまで、アクセラスポーツのデザインに関する情報しかありませんでしたが、今回、はじめて新型アクセラセダンのデザインが公開されたことになります。

アクセラは、ボンネット長を長く取っていることもあり、トランクが短く、取ってつけたようなデザインになってしまっていますが、今回の画像を見る限り、見える部分のシルエットは美しいですね。

あとは、トランクの長さがそれなりにあった方がデザインとしてはバランスが良くなると思うのですが、どんな感じのトランク部分のデザインになっているか、楽しみですね。

正式に公開されましたら、また紹介します。

※追記
新型アクセラのデザインが、正式に発表されました。



出典http://blog.mazda.com ”

事前の予想通り、ハッチバックのデザインは魁コンセプトそのままで、塊感のあるデザインとなっています。

ちょっと心配していたセダンのデザインも、流麗なデザインに仕上がっていますね。

ハッチバックでは、「エモーショナル」さを。セダンでは「エレガンス」さを追求した。ということです。

エモーショナルとは、「感情的」「情緒的」という意味。

エレガンスとは、「上質」「優雅」という意味です。

それぞれ、狙い通りのデザインに仕上がっているのではないでしょうか。

こちらのページでは、新型アクセラのデザインギャラリーが紹介されています。

>>このページ 発売時期、車名、デザイン
>>Page2 カラー、サイズ、エンジン、予防安全、価格
>>Page3 新型アクセラのライバル車、歴代アクセラ

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 今井利政 より:

    アクセラ HYBRIDはモデルチェンジしないのかなぁ~?!?!