新型 アクセラ フルモデルチェンジ 最新情報!発売時期、価格、燃費、デザイン、予約など、予想情報!【mazda3 日本発売日】

スポンサーリンク

>>Page1 発売時期、車名、デザイン
>>Page2 カラー、サイズ、エンジン、予防安全、価格
>>このページ 新型アクセラのライバル車、歴代アクセラ

新型アクセラのライバル車は何?

タケシ
新型アクセラのライバル車は、何になるのかな?
N氏
インプレッサとか、カローラだな。

新型アクセラのライバル車は、インプレッサや、カローラスポーツになります。

どれも走りを重視した車です。

燃費や広さよりも走りを重視した車がしのぎを削っているというのは、今の国産車では珍しいことです。

新型アクセラのライバル車はどういった車なのか、簡単に紹介します。

インプレッサ


出典https://www.subaru.jp ”

スバル、インプレッサは、昔から走りが楽しいと知られている車です。

ハッチバックのインプレッサスポーツと、セダンのインプレッサG4が設定されています。

インプレッサにはハイブリッドは設定されておらず、1.6Lガソリンエンジンと、2.0Lガソリンエンジンのみが設定されています。

<1.6Lガソリンエンジン>
最高出力・・・115ps/6200rpm
最大トルク・・・15.1kgm/3600rpm

<2.0Lガソリンエンジン>
最高出力・・・154ps/6000rpm
最大トルク・・・20.0kgm/4000rpm

今後、フォレスターなどと同じe-BOXERハイブリッドが投入されるという情報はありますが、いずれにしてもスロトングハイブリッドではありません。

インプレッサスポーツ、インプレッサB4の価格は、1,944,000円~2,613,600円です。

カローラスポーツ



出典https://newsroom.toyota.co.jp ”

カローラスポーツは、オーリスの後継車で、TNGAプラットフォームが採用されて、

カローラといえば、走りの楽しさとは無縁のイメージがあります。

しかし、ハッチバックモデルに限っては、カローラランクスからオーリスへと名前を変えた時に走りもある程度楽しめる車という方向性となり、今回カローラスポーツとしてカローラファミリーに帰ってきましたが、更に走りを強化する方向性となっています。

搭載されているパワートレインは、プリウスと同じ1.8Lハイブリッドと、1.2Lターボエンジンです。

正直、もう少しパワーが欲しいかな。と思います。そう思うのも、ボディがしっかりしているからこそでしょう。

カローラスポーツの価格は、1.2Lターボ車が2,106,000円~2,613,600円

1.8Lハイブリッド車が、2,419,200円~2,689,200円です。

ちなみに、ライバル車のハッチバック車には、全てスポーツという名前がついています。

「アクセラスポーツ」「インプレッサスポーツ」「カローラスポーツ」という具合です。

どれも、走りを重視しているからこその名前ですね。

スポンサーリンク

歴代アクセラ

アクセラは、ファミリアの後継者として発売された車で、現行型で3代目です。

ここでかんたんに、歴代アクセラを紹介していきましょう。

■初代アクセラ



出典https://ja.wikipedia.org ”

販売期間・・・2003年~2009年

初代アクセラは、ファミリアから走行性能を大幅に引き上げた新型車として、2003年に発売されました。

世界戦略車として開発されたので、ボディサイズは全車3ナンバーサイズです。

日本仕様に関しては、ボディサイズは3ナンバーサイズでありながら、サイドミラーを含めた全幅は他社の5ナンバーサイズ車と同等に抑えるなど、工夫がされていました。

初代アクセラは欧州でも高い評価を受け、2004年のヨーロッパカーオブザイヤーでは第2位の評価を受けています。

欧州では、日本車があまり売れていないのですが、マツダはそれなりに高い評価を得ており、今でもマツダの販売比率は、日本、米国、欧州が同じくらいの台数売れています。

アクセラは、ミドルサイズの車で、基本的には1.5L~2.0Lエンジンを搭載していますが、松田スピードアクセラという、2.3Lターボエンジンを搭載したパワフルなモデルもラインナップされ、これは今でも中古車市場で人気となっています。

■2代目アクセラ


出典https://ja.wikipedia.org ”

2代目アクセラは、基本的なプラットフォームは先代から流用されたものの、足回りなどは一新され、さらに走りが強化されました。

デザインは、センターフォーカスと呼ばれる、今の鼓動デザインにもつながるデザインが採用されましたが、先代の方がデザインの評価は高かったように感じます。

搭載されたエンジンは、1.5L~2.0Lエンジンと、スピードアクセラ用に2.3Lエンジンです。

後期モデルでは、スカイアクティブテクノロジーを一部採用した、スカイアクティブエンジン搭載モデルが投入され、燃費が向上されました。

>>Page1 発売時期、車名、デザイン
>>Page2 カラー、サイズ、エンジン、予防安全、価格
>>このページ 新型アクセラのライバル車、歴代アクセラ

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 今井利政 より:

    アクセラ HYBRIDはモデルチェンジしないのかなぁ~?!?!