スポンサーリンク


メルセデス・ベンツ、新型Eクラスに、オールテレインが追加されます。

今回は、新型Eクラスオールテレインの最新情報をお伝えします。

日本発売日

新型Eクラスオールテレインの日本発売日は、2017年春と予想されています。

新型Eクラスオールテレインは、2016年10月のパリサロンで発表されています。

デザイン

新型Eクラスオールテレインは、新型Eクラスワゴン(エステート)の走破性を高めたモデルです。

スバル、レガシィアウトバックのようなイメージです。

eall2.jpg

eall3.jpg

eall4.jpg出典Carscoops

ノーマルのEクラスと比較して、力強いデザインに感じられます。

スペック

新型Eクラスオールテレインのサイズは、全長4,940mm×全幅1,860mm×全高1,495mmです。

地上高は、121mmから156mmまで変えることができる「エア・ボディ・コントロール」と呼ばれるエアサスペンションが搭載されています。

パワートレインには、2.2Lディーゼルターボエンジンが搭載されます。

E220d
最高出力・・・194ps/3800rpm
最大トルク・・・40.8kgm/1600-2800rpm

遅れて、3.0Lディーゼルターボエンジンが搭載されるE350dが追加されるでしょう。

E350d
最高出力・・・259ps/3400rpm
最大トルク・・・63.2kgm/1600rpm

駆動方式は、4WDのみのラインナップです。

先進装備

Eクラスオールテレインには、新型Eクラスに準じた先進装備が搭載されます。

・レーダーセーフティパッケージ
自動で車線変更を行ってくれる、自動運転に準じた機能
衝突時の衝突音を軽減する機能や、側面衝突時の衝撃を和らげる機能も搭載されています。

・アテンションアシスト
長時間に渡る運転を行っている時、注意力の低下を検知すると、警告音で知らせます。

・マルチビームLEDヘッドライト
片側84個のLEDを個別に制御することで、前走車や対抗車を眩暈することなく、路面を明るく照らします。

・360°カメラシステム
車を上から見下ろしたような映像を映すシステム。日産のアラウンドビューモニターに似ています。

・パーキングパイロット
駐車スペースを自動で検知し、縦列駐車、並列駐車を自動で行います。

価格

新型Eクラスオールテレインの価格は、750万円~になると予想されています。

詳しい情報が分かりましたら、また更新します。

スポンサーリンク


車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

新車に買い換える時は、ディーラーに下取りに出してその分値引きをしてもらうことが多いですが、一般的には買取業者に売った方が高く売ることができます。

(ディーラーは自社店舗での販売が中心であることに対して、買取業者はオークション、海外販売など販路が多いので、高く買い取ることができます。)

ディーラーの下取り価格と比較するためにも、まずは自分の車の買取価格を知っておきましょう。

以下のリンクから、自分の車をいくらで売ることができるのかを知ることができます。

 カテゴリ
 タグ
None