新型 エスクァイア フルモデルチェンジ 発売時期、価格、内装、外装、スペックなど、最新情報

スポンサーリンク
タケシ
エスクァイアは、ノア・ヴォクシーと一緒にフルモデルチェンジされるのかな?
N氏
一緒にされるはずだ。紹介しよう。

このページでは、新型エスクァイアの発売時期、価格、内装、外装、スペックなど、最新情報を紹介します。

・発売時期は、2019年末~2020年ごろ
・ちょっと上質がコンセプト
・レクサスUXと同じパワートレインに
・価格はアップか

フルモデルチェンジ予想情報

発売時期

タケシ
エスクァイアは、いつごろフルモデルチェンジされるのかな?
N氏
2019年末~2020年ごろになりそうだ。

現行エスクァイアは、現行ノア・ヴォクシー発売の9ヶ月後に発売されましたが、新型エスクァイアは、ノア・ヴォクシーと同時に発売されると予想されています。

デザイン

タケシ
デザインは、どうなるのかな?
N氏
これまで通り、ノアをベースに高級感のあるデザインになるみたいだぞ。

新型エスクァイアのデザインは、現行型と同じく、ノア・ヴォクシーよりもちょっと高級感を持たせた上質なデザインで差別化されるでしょう。

まだ、ベースとなるノアのデザインすら分かっていないので、詳細なデザインまでは分かりません。

現行エスクァイアと同じく、フロントグリルと、インテリアの表皮などで差別化を図るものと思われます。

メッキパーツや、合成皮革によって高級感のあるエスクァイア

新型エスクァイア 外装

新型エスクァイア 内装

出典https://newsroom.toyota.co.jp ”

パワートレイン

タケシ
エンジンは新しくなるのかな?
N氏
レクサスUXと同じものが搭載されるようだ。

新型エスクァイアには、新しい2.0Lガソリンエンジンと、2.0Lハイブリッドが搭載されると予想されています。

<2.0Lガソリンエンジン>
最高出力・・・174ps/6600rpm
最大トルク・・・21.3kgm/4000-5200rpm

<2.0Lハイブリッド>
エンジン最高出力・・・146ps/6000rpm
エンジン最大トルク・・・19.2kgm/4400rpm
モーター最高出力・・・109ps
モーター最大トルク・・・20.6kgm
システム出力・・・183ps

タケシ
現行モデルよりもかなりパワフルになるね。
N氏
ちなみに、現行モデルのスペックは、こんな感じだ。

<2.0Lガソリンエンジン>
最高出力・・・152ps/6100rpm
最大トルク・・・19.7kgm/3800rpm

<1.8Lハイブリッド>
エンジン最高出力・・・99ps/5200rpm
エンジン最大トルク・・・14.5kgm/4000rpm
モーター最高出力・・・82ps
モーター最大トルク・・・21.1kgm
システム出力・・・136ps

予防安全性能

N氏
新型エスクァイアには、最新のトヨタセーフティセンスが搭載されるだろう。

・プリクラッシュセーフティ

・レーントレーシングアシスト

・レーンディパーチャーアラート

・レーダークルーズコントロール

・オートマチックハイビーム

・ロードサインアシスト

・先行車発進告知機能

タケシ
現行モデルの性能は低かったもんね。
N氏
現行モデルは、トヨタセーフティセンスCだったからな。

元々トヨタの予防安全機能は、上位車種向けの「トヨタセーフティセンスP」と、「トヨタセーフティセンスC」の2種類がありました。

今ではPとCの名前は外されていますが、もともと「トヨタセーフティセンスC」の方が搭載されていたので、現行エスクァイアの予防安全性能は、軽自動車にも劣るくらいです。

<現行モデルの予防安全機能>
・プリクラッシュセーフティ
・レーンディパーチャーアラート
・オートマチックハイビーム
・先行車発進告知機能

最新のトヨタセーフティセンスが搭載されれば、ライバル車と同程度の予防安全性能になります。

価格

N氏
新型エスクァイアの価格は、現行型よりも20万円ほど高くなりそうだ。
タケシ
結構高くなりそうなんだね。

<新型エスクァイア予想価格>
ガソリン車・・・288万円~
ハイブリッド車・・・335万円~

TNGAプラットフォームが採用され、エンジンもパワフルになり、予防安全性能も向上するなら、これくらいの価格のアップは仕方がないですね。

ノア、ヴォクシーと統合される?

トヨタは、車種の統合を進めており、また、いずれは販売店のチャネル分けもやめ、全店舗で全車種を販売するようにする方針を発表しています。

そのため、新型エスクァイアは、ノア・ヴォクシーと統合され、一つの車種の中で、これまでのノアの後継となる落ち着いたデザインのグレード、ヴォクシーの後継となるワイルドなデザインのグレード、エスクァイアの後継となる高級感のあるデザインのグレードに分けられる可能性もあります。

ただ、チャネル分けをやめるのはもう少し先になりそうなので、次期ノア・ヴォクシー・エスクァイアは、まだ車種を分けて販売されるのではないかと個人的には思っています。

N氏
新しい情報が入ったら、また更新するぞ。

2017年マイナーチェンジ情報

■発売日

新型エスクァイアの発売日は、2017年7月3日です。

ノア、ヴォクシーと同じですね。

■デザイン

新型エスクァイアのフロントマスクは、フロントグリルの横幅を拡大し、メッキバーを中央は太く、左右にいくにつれて補足することで立体感を演出。

より高級感のあるフロントマスクになりました。

エスクァイア
出典https://newsroom.toyota.co.jp ”

その他、インテリアも含めたデザインの変更点は、
・フロントマスクの変更
・10本スポークのアルミホイールにデザイン変更
・LEDフォグランプ標準装備
・リヤコンビランプをブラックアウト
・上級グレードの天井ブラック

以上のようになっています。

フロント

リヤ

インテリア

■カラーラインナップ

エスクァイアはマイナーチェンジで、カラーラインナップの変更が予想されています。

新色として、
・ブラッキッシュアゲハガラスフレーク
・アバンギャルドブロンズメタリック

が追加され、

・ダークバイオレットマイカメタリック
・オーシャンミントメタリック

が廃止となります。

新型エスクァイアのカラーラインナップは、

・ブラッキッシュアゲハガラスフレーク

・アバンギャルドブロンズメタリック

・ホワイパールクリスタルシャイン

・シルバーメタリック

・ブラック

・スパークリングブラックパールクリスタルシャイン

・ボルドーマイカメタリック

の全7色となります。

■最上級グレード追加

新型エスクァイアには、最上級グレード、「Gi Premium Package」が設定されました。

Gi Premium Packageは、ガソリン車、ハイブリッド車共に7人乗りのみの設定です。

インテリアには、ブラウンレーザーライン加飾や、専用シート表皮を採用。

ブラウンレーザーライン加飾

専用シート表皮

また、LEDコーナリングランプ、自動防眩インナーミラーが標準装備となっています。

■装備

マイナーチェンジで、装備も充実します。

・シートバックテーブル
・USB電源
・バックドアイージークローザー
・パワースライドドアの予約ロック機能

などが標準装備となります。

■グレード別価格

新型エスクァイアのグレード別価格を紹介します。

<ガソリン車>
Xi(8人乗り)・・・2,675,160円
Xi(7人乗り)・・・2,705,400円

Gi(8人乗り)・・・2,892,240円
Gi(7人乗り)・・・2,922,480円

Giプレミアムパッケージ(7人乗り)・・・2,980,800円

<ハイブリッド車>
Xi・・・3,151,440円
Gi・・・3,300,480円
Gi プレミアムパッケージ・・・3,358,800円

です。

■まとめ

新型エスクァイアのモデルチェンジのポイントをまとめると、

新型エスクァイアは、デザインや装備の充実が中心。

パワートレインの変更はナシ。

価格は数万円UP。

ということになります。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする