次期レガシィの最新情報をお伝えしよう。

スバルの看板車種、レガシィは、2014年6月頃のフルモデルチェンジを計画している。

デザインは、基本的にはキープコンセプトだが、全幅が更に拡大される。

スポンサーリンク


レガシィの全幅は、1690mm→1695mm→1730mm→1780mmと、どんどん拡大されており、 次期レガシィは1800mmに迫る数値となりそうだ。 1800mmといえば、クラウンに匹敵する数値だ。

この手の世界戦略車は、レガシィに限らず幅が広くなっていく傾向にあるので、 致し方ないところだろうか。 その分、走行安定性は高まると考えられる。

気になるパワートレインだが、ダウンサイジングターボなのか、 ハイブリッドなのか、ディーゼルエンジンなのか、 何かしらの燃費向上策が取られる可能性が高い。

それが何になるかは、現時点では確定していないが、 スバル初のハイブリッド車XVが先日発売されているし、 ターボエンジンに関しては、スバルはお手のものだ。 又、ヨーロッパでは、ディーゼルエンジンを展開しており、 どの方式が採用されても、おかしくはない。
 カテゴリ
 タグ
None