新型 ハイラックス マイナーチェンジ 2018 価格、発売日、内装、外装画像。特別仕様車、ブラックラリーエディション

スポンサーリンク

2017年に復活したばかりのハイラックスですが、もうマイナーチェンジされるようです。

今回は、トヨタ・ハイラックスのマイナーチェンジ情報を紹介します。

マイナーチェンジ予想情報

発売日

新型ハイラックスの発売日は、2018年11月12日と予想されてます。

ハイラックスの納期は、今でも3ヶ月以上となっています。

発売当初の6ヶ月程度に比べれば短くなりましたが、新型が発売されたら、また少し納期が長くなるかもしれません。

ちなみにタイでは、2017年末にマイナーチェンジされています。

デザイン

マイナーチェンジされた、新型ハイラックスのデザインを紹介します。


出典https://www.carscoops.com/

現行型と比べると、フロントグリルのデザインが変わっていることが分かります。

新型ハイラックスには、ROCCOという、よりワイルドなデザインのグレードも設定されました。

通常グレードと比べると、ホイール、グリル、バンパーなどがブラックアウトされていて、よりワイルドで力強さを感じます。


出典https://www.carscoops.com/

インテリア

出典https://www.carscoops.com/

インテリアは、特に変わっていないようです。

特別仕様車追加

新型ハイラックスには、上で紹介した「ROCCO」のグレードが、ブラックラリーエディションという特別仕様車として設定される可能性が高くなってきています。

海外では、現行ハイラックスは2015年から販売されているので、2018年にマイナーチェンジされても不自然ではありませんが、日本では2017年に発売されたので、2018年にマイナーチェンジというのは早すぎますし、発売当初に購入したユーザーの反感を買う可能性もあります。

そういった関係もあり、マイナーチェンジではなく、特別仕様車登場という形で、「ROCCO」グレードが追加されるという説が有力です。

予防安全性能

新型ハイラックスの予防安全性能は、現行型から変わらないと予想されています。

現行型ハイラックスには、

・プリクラッシュセーフティ
・レーンディパーチャーアラート
・ドライブスタートコントロール

が搭載されています。

トヨタセーフティセンスという名前にはなっていませんが、おそらく、トヨタセーフティセンスCのシステムを利用したものしょう。

タイでマイナーチェンジされたハイラックスの紹介ページを見ても、トヨタセーフティセンスの文字は確認できないので、予防安全性能はそのままということになりそうです。

価格

新型ハイラックスの価格は、ノーマルグレードは現行型と同程度になると予想されています。

X・・・3,267,000円

Z・・・3,742,200円

ROCCOのグレードに関しては、タイでは2.8Lエンジンしか設定されていないようです。

ROCCOのグレードがそのまま特別仕様車として投入されるのか?2.4Lエンジンを搭載して販売するのか?などは調査中です。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

新車、中古車の見積もりも、ネットでできる時代です。

値引き交渉もオンラインでできるので、地元のディーラーとどちらが安いか、比較することができます。

一般的な中古車情報サイトには掲載されていない、非公開車両からも探すことができます。

スポンサーリンク

2017年、新型ハイラックス復活!

発売日

ハイラックスの日本発売は、2017年9月12日です。

デザイン

日本に導入されるのは、ダブルキャブのピックアップトラックです。


出典https://newsroom.toyota.co.jp/ ”

アメリカを走っていそうな、力強いピックアップトラックですね。

日本ではなかなか見かけない車です。


出典https://newsroom.toyota.co.jp/ ”

インテリアはトラックらしくなく、乗用車といった感じです。

カラー

カラーは、全5色です。

・スーパーホワイトⅡ

・シルバーメタリック

・アティチュードブラックマイカ

・ネビュラブルーメタリック

・クリムゾンスパークレッドメタリック

スペック

サイズは全長5,335mm×全幅1,855mm×全高1,800mmというビッグサイズで、ユーザーを選びそうです。

搭載されるエンジンは、2.4Lディーゼルターボエンジンで、

最高出力・・・150ps
最大トルク・・・400Nm

駆動方式は4WDのみです。

かつで販売されていたハイラックスは5ナンバーサイズでしたから、随分大きくなったものです。

燃費は11.8km/Lです。

1ナンバーとなるので、毎年車検が必要です。また高速料金も普通乗用車よりも高くなります。

なかなか乗る人を選びそうですね。

グレード、装備

日本で発売されるのは、ベースグレードのXと、上級グレードのZです。

主な装備を紹介します。

Xグレード
・ブラックフロントグリル
・スチールホイール
・ハロゲンヘッドランプ
・ハロゲンフォグランプ
・サイドターンランプ付電動ドアミラー
・マニュアルエアコン
・ワイヤレスキー
・ヒルスタートアシスト
・バックモニター

Z
・シルバーメッキフロントグリル
・LEDヘッドライト
・LEDフォグライト
・アルミホイール
・スマートエントリー
・クルーズコントロール
・本革巻きステアリングホイール
・エアコン吹き出し口シルバー加飾
・オートエアコン
・プリクラッシュセーフティシステム
・車線維持支援システム
・ディファレンシャルロック

以上のようになっています。

XグレードとZグレードで見た目、装備が結構違います。

Xグレードは、ホイールキャップもなく、無骨なトラック。といった印象です。

価格

新型ハイラックスピックアップの価格は、

X・・・3,267,000円
Z・・・3,742,200円

です。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

新車、中古車の見積もりも、ネットでできる時代です。

値引き交渉もオンラインでできるので、地元のディーラーとどちらが安いか、比較することができます。

一般的な中古車情報サイトには掲載されていない、非公開車両からも探すことができます。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする