スポンサーリンク


日産のフラッグシップセダン、シーマがマイナーチェンジされました。

今回は、新型シーマの変更点を紹介します。

発売日

新型シーマの発売日は、2017年6月15日です。

デザイン

デザインに変更点はありません。

cima2.jpg

安全装備

新型シーマは、先進安全装備が全車標準装備となりました。

・インテリジェントエマージェンシーブレーキ
5km/h以上で動作する自動ブレーキです。

・インテリジェントzFCW(前方衝突予測警報)
車体の下の方に搭載されたレーダーで2台前の車の挙動を検知し、前の車の急ブレーキを予測する機能です。

・インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)
車線変更の時など、後側方の車両を検知し、ステアリングを操作します。

・インテリジェントBSW(後側方車両検知警報)
車線変更の時など、後側方の車両を検知し、ドライバーに警告します。

・インテリジェントアラウンドビューモニター(移動物検知機能付)
車を上から見下ろしたような映像を映し出す機能です。

・インテリジェントBUI(後退時衝突防止支援システム)
後退時、後方を横切る車両を検知し、ドライバーに知らせます。

これらの機能が全グレードに搭載されます。

価格

新型シーマの価格は、安全装備の充実にともなって高くなっています。

ベースグレード・・・7,946,640円
VIP・・・8,486,640円
VIP G・・・9,026,640円

今回の変更点は、安全装備の充実と、価格の変更だけです。

正直、一部改良レベルの変更ですね。

最近のシーマの販売台数

最近のシーマの販売台数は、月間20~30台と、非常に低迷しています。

「シーマ現象」などと言われていた時代は、月間数千台も売れていたのですが、今やその面影もありません。

もちろん、その頃とは時代背景も価格も違いますが。

ずっとこの調子で低迷が続くようなら、フルモデルチェンジはなく販売終了となりそうですね。

フーガは2015年に外観のデザイン変更を伴うマイナーチェンジが実施されていますが、シーマは放っておかれている事を見ても、次期型シーマはないかもしれません。

車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>愛車の最高価格を知る!最短30秒で入力完了

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク


画像は日産自動車HPより引用
 カテゴリ
 タグ
None