シーマ フルモデルチェンジ 2019 発売日、デザイン画像、価格、スペック予想など

スポンサーリンク

日産のフラッグシップセダン、シーマのフルモデルチェンジ情報をお伝えします。

フルモデルチェンジ予想情報

発売時期

新型シーマの発売時期は、2019年頃と予想されています。

シーマは、一時日本から姿を消しましたが、日産車のフラッグシップであるシーマがないと、これまでシーマに乗っていたユーザーが、トヨタやレクサス、輸入車に流れてしまい、それとともに、セカンドカーや社用車まで他社に流れてしまうということで、強い要望を受けて2012年に復活されました。

そういった事情もあるので、販売台数はそれほど見込めませんが、次期型も日本で発売されることになるでしょう。

デザイン

新型シーマのコンセプトカーといわれている、Q80インスピレーションが発表されました。

出典https://www.nissan-global.com/ ”

スカイラインなどとも共通するインフィニティのグリルが、より大きくなっています。

サイドシルエットも、ラインが複数入っていて、凝っていますね。

その分、全幅が広くなってしまっていますが、日産のインフィニティブランドで販売されている車は、デザインは流麗な車が多いと感じます。

インテリア

出典https://www.nissan-global.com/ ”

後部座席には、前席よりも快適そうなシートが用意されています。

Q80は、インフィニティブランド最上級車ということで、こうった4人乗りの上級グレードも用意されるのでしょう。

現在のシーマは、フーガのロングバージョンであり、海外では、フーガがインフィニティQ70、シーマはQ70Lとして販売されています。

それが、インフィニティブランド最上級の車として、Q80が設定されるのに合わせて、シーマもQ80ベースに変更されると予想されています。

スペック

Q80インスピレーションの基本的なスペックを紹介します。

サイズ・・・全長5,052mm×全幅2,027mm×全高1,350mm

V6、3.0Lターボエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載し、システム出力は550hpにもなります。

欧州複合モード燃費は18.2km/Lだということです。

現行シーマのサイズは、全長5,120mm×全幅1,845mm×全高1,510mmですから、全幅がかなり大きくなりそうです。

V6 3.0Lターボエンジンは、インフィニティQ50(日本名スカイライン)などにすでに搭載されています。

【V6 3.0Lターボエンジン】
最高出力・・・300hp/6400rpm
最大トルク・・・295lb-ft/1600-5200rpm

価格

現行3.5Lハイブリッドが、3.0Lターボハイブリッドにパワートレインが刷新されること、運転支援機能が充実することにより、価格は現行型よりも高くなると予想されています。

新型シーマの価格は、800万円オーバーからのスタートになるでしょう。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

新車、中古車の見積もりも、ネットでできる時代です。

値引き交渉もオンラインでできるので、地元のディーラーとどちらが安いか、比較することができます。

一般的な中古車情報サイトには掲載されていない、非公開車両からも探すことができます。

スポンサーリンク

2017年マイナーチェンジ情報

発売日

新型シーマの発売日は、2017年6月15日です。

デザイン

デザインに変更点はありません。

安全装備

新型シーマは、先進安全装備が全車標準装備となりました。

・インテリジェントエマージェンシーブレーキ
5km/h以上で動作する自動ブレーキです。

・インテリジェントzFCW(前方衝突予測警報)
車体の下の方に搭載されたレーダーで2台前の車の挙動を検知し、前の車の急ブレーキを予測する機能です。

・インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)
車線変更の時など、後側方の車両を検知し、ステアリングを操作します。

・インテリジェントBSW(後側方車両検知警報)
車線変更の時など、後側方の車両を検知し、ドライバーに警告します。

・インテリジェントアラウンドビューモニター(移動物検知機能付)
車を上から見下ろしたような映像を映し出す機能です。

・インテリジェントBUI(後退時衝突防止支援システム)
後退時、後方を横切る車両を検知し、ドライバーに知らせます。

これらの機能が全グレードに搭載されます。

価格

新型シーマの価格は、安全装備の充実にともなって高くなっています。

ベースグレード・・・7,946,640円
VIP・・・8,486,640円
VIP G・・・9,026,640円

今回の変更点は、安全装備の充実と、価格の変更だけです。

正直、一部改良レベルの変更ですね。

最近のシーマの販売台数

最近のシーマの販売台数は、月間20~30台と、非常に低迷しています。

「シーマ現象」などと言われていた時代は、月間数千台も売れていたのですが、今やその面影もありません。

もちろん、その頃とは時代背景も価格も違いますが。

ずっとこの調子で低迷が続くようなら、フルモデルチェンジはなく販売終了となりそうですね。

フーガは2015年に外観のデザイン変更を伴うマイナーチェンジが実施されていますが、シーマは放っておかれている事を見ても、次期型シーマはないかもしれません。

スポンサーリンク

画像は日産自動車HPより引用



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする