スポンサーリンク


BMWから新型クーペ、8シリーズが登場します。

今回は、新型8シリーズの最新情報をお伝えします。

発売時期

新型8シリーズは、3月に開催されるジュネーブモーターショーでワールドプレミアされると予想されています。

BMW 8シリーズの日本発売時期は、2018年末ごろと予想されています。

先代8シリーズは、1990年から1999年まで販売されていましたから、実に19年ぶりの復活ということになります。

新型8シリーズは、実質、6シリーズの後継ということになります。

デザイン

8シリーズのコンセプトモデルのデザインが公開されています。

エクステリア
bmw81.jpg

bmw85.jpg

鋭い目つきのクーペスタイルです。

先代8シリーズは、ゴルフバッグが入らない!ということで人気が出ませんでしたが、今作はそのあたりが改善されているかも気になるところです。


インテリア
bmw86.jpg

bmw87.jpg


シートの形状を見る限り、4人乗りになりそうです。


テスト走行の様子
8series.jpg

8series2.jpg

8series3.jpg

パワートレイン

BMW 8シリーズには、ガソリンターボエンジンと、プラグインハイブリッドがラインナップされると予想されています。

予想されているラインナップは、 ・830i 直4 2Lターボエンジン ・840i 直6 3Lターボエンジン ・850i V8 4.4Lターボエンジン ・M8 V12 6.6Lターボエンジン が搭載されると予想されています。


まだ、詳しいスペックは分かりませんが、他のクラスに搭載されている同排気量エンジンのスペックを紹介します。

直4 2.0Lターボエンジン
最高出力・・・184ps/5000rpm
最大トルク・・・29.4kgm/1250-4500rpm

直6 3.0Lターボエンジン<br> 最高出力・・・320ps/5800rpm
最大トルク・・・45.9kgm/1300-4500rpm

V8 4.4Lターボエンジン
最高出力・・・450ps/5500rpm
最大トルク・・・66.3kgm/1800-4500rpm

V12 6.6Lターボエンジン
最高出力・・・610ps/5500-6500rpm
最大トルク・・・81.6kgm/1550-5000rpm

です。

日本では、下位の6シリーズが3.0Lターボエンジンのみのラインナップなので、クラスの棲み分けから考えて2.0Lターボエンジンは投入されないでしょう。

価格

新型8シリーズの価格は、1200万円~1500万円程度になるでしょう。


また新しい情報が入りましたら、更新します。

車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>愛車の最高価格を知る!最短30秒で入力完了

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク


ここまで画像はCarscoopsから引用

初代8シリーズ

BMW 8シリーズは、1990年~1999年まで販売されていました。

今回、約20年ぶりの復活になるわけですが、初代8シリーズをかんたんに紹介します。

初代8シリーズも、今度出る新型と同じ、2ドアクーペでした。

8series4.jpg出典favcars.com

キドニーグリルがとても控えめです。


初代8シリーズは、当時のBMWのフラッグシップとして、V12エンジンを搭載するなど、ラグジュアリーな車でした。

搭載されていたエンジンは、
・V8 4.0Lエンジン
・V8 4.4Lエンジン
・V12 5.0Lエンジン
・V12 5.6Lエンジン

です。


ボディサイズは全長4,780mm×全幅1,855mm×全高1,340mmと、今から考えるとずいぶんコンパクトですが、これでも、当時としてはBMW最大のサイズでした。

この8シリーズは、6シリーズの後継として発売されましたが、今度の新型8シリーズは、6シリーズの後継ではなく、上位車種として併売される予定です。
 カテゴリ
 タグ
None