フィットシャトル マイナーチェンジでカローラのライバル足りえるか?

ホンダ、フィットシャトル・フィットシャトルハイブリッドが
マイナーチェンジされ、本日発売となりました。

インテリア、エクステリアは、一目見ただけでは分からない程度の変更ですが、一応、上質感をアップさせる変更がされています。

快適装備も充実され、廉価グレードのCを除き、
プラズマクラスター搭載のエアコン、
シートヒーター、99%UVカットガラス
を搭載しています。

フィットシャトルハイブリッドの最大のライバルとなるのが、
カローラフィールダーハイブリッドな訳ですが、フィットシャトルのHPでは、
5ナンバークラスステーションワゴン最大の荷室スペース(496L)という点を売りにしており、これは、カローラフィールダーハイブリッドよりも
広いということになります。

ホンダフィットシャトル 公式HP
http://www.honda.co.jp/FITSHUTTLE/

燃費の面では、フィットシャトルが25.2km/Lで、
カローラフィールダーHVが33km/Lなので、結構な差がありますが、
価格は25万円程度違いますので、どちらを選ぶかは走行距離などを
勘案してということになるでしょう。

新型フィットと比較すると、燃費の面では少し残念な部分もあるものの、
これでも充分にカローラフィールダーハイブリッドに対抗出来る魅力を持っているものと思います。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする