ノート クロスギア 発売日、画像、装備、価格、カラー、スペックなど最新情報!

スポンサーリンク

日産ノートに、特別仕様車、クロスギアが追加されます。

今回は、ノートクロスギアの最新情報をお伝えします。

発売日

ノートクロスギアの発売日は、2017年10月30日と予想されています。

デザイン

ノートクロスギアは、ノートと比べて少し車高が上がり、ルーフレールやボディガードが装備されるなど、SUV風のデザインが特徴的です。



出典https://www.autech.co.jp/ ”

インテリア、エクステリアともに、グリーンがアクセントとして使われていることがわかります。

カラー

ノートクロスギアのカラーは、全部で8色です。

・ブリリアントホワイトパール
・スーパーブラック
・プレミアムコロナオレンジ
・オリーブグリーン
・ガーネットレッド
・ダークメタルグレー
・シャイニングブルー
・インペリアルアンバー

ベースとなるノートが22色ものカラーが用意されていることに比べれば、ずいぶん絞られています。

特別装備

ノートクロスギアには、様々な特別装備が装着されます。

ノートクロスギアの主な装備を紹介します。

・LEDヘッドランプ
・ダーククロムフロントグリル〈クロスギア専用〉
・ダークメタリックフロントスタイリングガード〈クロスギア専用〉
・フォグランプ
・フォグランプフィニッシャー(アクセントカラー)〈クロスギア専用〉
・サイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラー(グロスブラック)
・ルーフモール〈クロスギア専用〉
・ダークメタリックサイドスタイリングガード〈クロスギア専用〉
・ダークメタリックリヤスタイリングガード〈クロスギア専用〉
・ダークメタリックホイールアーチガーニッシュ〈クロスギア専用〉
・グロスブラック15インチアルミホイール&185/65R15 88Sタイヤ〈クロスギア専用〉
・シートクロス〈クロスギア専用〉

スペック

ノートクロスギアのスペックを紹介します。

全長4,140mm×全幅1,705mm×全高1,535mm(e-POWER)、1,540mm(ガソリン車FF)、1,550mm(ガソリン車4WD)

室内長2,065mm×室内幅1,390mm×1,255mm

ホイールベース・・・2,600mm

車両重量・・・1,060kg~1,230kg

ベースのノートと比較して、

全長は40mm長く
全幅は10mm広く
全高は15mm高く

なりました。

全幅が1,700mmを越えて、3ナンバーサイズになっていることにも注目です。

ただし、最低地上高は130mmと、ベースのノートと同じなので、走破性は同程度となるでしょう。

パワートレイン

ノートクロスギアには、1.2LのNAエンジンと、e-POWERがラインナップされます。

1.2Lのスーパーチャージャーエンジンのモデルはありません。

<1.2L NAエンジン>
最高出力・・・・79ps/6000rpm
最大トルク・・・10.8kgm/4400rpm

<e-POWER駆動モーター>
最高出力・・・109ps
最大トルク・・・25.9kgm

です。

クロスオーバー風に力強く走らせるなら、スーパーチャージャーエンジンがあっても良いのでは?と思いますが、現在、スーパーチャージャーエンジンの販売割合が低いので、今回の設定は見送られたようです。

オプション

ノートクロスギアのe-POWERモデルには、ツーリングパッケージというオプションが用意されます。

ツーリングパッケージの内容は、

・専用16インチアルミホイール
・専用チューニングサスペンション
・専用チューニング電動パワーステアリング
・フロントクロスバー
・フロント&リヤサスペンションメンバーステー
・センタートンネルステー
・テールクロスバー
・ファインレスポンスVCM

まるでNISMOを思わせるチューニング内容です。

その他、以下のようなディーラーオプションが用意されます。

・専用デュアルカーペット
・専用プラスチックバイザー
・専用デカールキット
・専用防水ラゲッジマット

価格

ノートクロスギアの価格は、ベースとなるX系のグレードと比べて、30万円ほど高くなると予想されています。

ノートクロスギアの予想価格は、

X クロスギア・・・180万円
e-POWER X クロスギア・・・225万円

です。

また新しい情報が入りましたら、更新します。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

新車、中古車の見積もりも、ネットでできる時代です。

値引き交渉もオンラインでできるので、地元のディーラーとどちらが安いか、比較することができます。

一般的な中古車情報サイトには掲載されていない、非公開車両からも探すことができます。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする